macOS Server でサブネット間で NetBoot を使う

ネットワークサブネット間で NetBoot サービスを使う方法について説明します。

macOS Server で NetBoot を使う方法は 3 通りあります。

サーバ構成を変更する

追加のサブネットごとにネットワークインターフェイスカード (NIC) を取り付ける方法が一番直接的な方法です。新しい各 NIC を接続先のサブネットに応じて設定してください。

bootpd リレーを使う

bootpd リレーを設定して、リクエストを別のネットワークサブネットに転送できます。この場合、ネットワーク構成を変更する必要はありません。詳しくは、bootpd のマニュアルページを参照してください。

ネットワーク構成を変更する

1 枚の NIC だけで NetBoot を複数のサブネット間で使いたい場合は、ルーターまたはレイヤ 3 スイッチを設置してください。ルーターやレイヤ 3 スイッチを NetBoot サーバとクライアントの間に構成し、BootP データをサブネット間で通信できるようにします。

外部の DHCP サーバをお使いの場合は、その外部サーバと NetBoot サーバの間でブロードキャストデータを受け渡せるようにしてください。

Apple では、ネットワークハードウェアの設置についてはサポートを承っていません。ルーターやスイッチを構成するには、ハードウェアメーカーが提供している説明書を参照してください。

公開日: