iTunes Store のペアレンタルアドバイザリーについて

この記事では、Apple Music や iTunes Store で一部のコンテンツに表示されるペアレンタルアドバイザリーラベル (Parental Advisory Label) について説明します。

インターネットラジオについての勧告:iTunes のインターネットラジオで聴くことのできるラジオ局の配信元は Apple ではありません。ラジオ局の中には、不適切な歌詞の曲や、成人向けのテーマや状況を題材としたコメディ番組など、成人向けの内容を放送しているところもあります。

Apple Music や iTunes Store についての勧告:全米レコード協会 (RIAA) のペアレンタルアドバイザリーに関する Web サイトでは、以下のように記述されています。「ペアレンタルアドバイザリー (Parental Advisory)」は、このロゴが付いている作品に、不快な言語表現や、暴力、性的行為、薬物乱用の描写が含まれている可能性があることを消費者に忠告するものです。保護者による自主的な規制が望まれます。

ペアレンタル・アドバイザリーラベルは、その作品が特定の視聴者にとって適切かどうかを判定するものではなく、保護者 (消費者、小売店、および卸売業者を含む) に対して、該当作品を購入して未成年者に提供する際や、家庭でこうした作品を視聴する際には、保護者の判断が必要とされるという「注意喚起」の目的で添付されています。なお、このラベルを削除することはできません。

このラベルの適用に際しては、以下の点が考慮されています。

  • 現代文化の倫理規範、およびそれぞれの保護者の意思と見解に照らし合わせて、保護者が自分の子どもに聴かせたくないと思う作品かどうか。
  • 歌詞の意味や背景 (コンテキスト) も当然重視されます。曲の中で使われる言葉、フレーズ、サウンド、描写は、それだけを浮き彫りにして強調して聴くと、保護者にとっては有害に感じられることがありますが、ほかの背景表現のごく一部として出現したり歌詞の中で重要性が低い場合には、さほど不快感を与えない場合もあります。
  • アーティストがその曲をどのような意味や背景 (コンテキスト) で演奏し、聴衆が何を期待しているかも、重要となってきます。ペアレンタルアドバイザリーラベルの添付対象となるかどうかを判断する際には、道徳に反する表現だけでなく、「暴力、性的描写、あるいは薬物乱用」についても考慮されます。
  • 多くの場合、歌詞には何通りもの解釈が成り立ちます。言葉にはさまざまな意味があるためです。また、歌詞だけを曲と切り離して解釈することもできません。同じ歌詞でも、大音量で激しく演奏される場合と、静かで滑らかに演奏される場合とでは、聴衆の受け取り方は違ってきます。

ラベルの適用は、機械的に判断できるものではなく、感性と常識が必要とされます。意味や背景 (コンテキスト)、頻度、強調の程度などを十分に考慮しなければなりません。特定の素材を文脈を切り離して取り上げたり、十分に解釈せずに言及したりした場合、それだけではラベル適用の対象とはならない可能性があります。

上記のガイドラインは、発売されているシングル曲の場合にも、(CD、カセット、またはその他の形態で発売された) フルアルバムおよびビデオと同様に適用されます。

ペアレンタルコントロールについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: