AirMac:NAT ポートからプライベートアドレスの L2TP VPN サーバへの AirMac ユーティリティを使ったマッピングが機能しない

AirMac ユーティリティを使って、プライベートアドレスの L2TP VPN サーバへの NAT ポートマッピングが機能しない場合の対処法を説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

NAT (Network Address Translation) を使うと、1 つのパブリック IP アドレスをネットワーク上のコンピュータやデバイスと共有できます。環境によっては、プライベートアドレスを使っている L2TP VPN サーバに AirMac デバイスからアクセスできるように構成する場合があります。こうしたポート構成にすると、UDP ポート 500 を使って IKE を、UDP ポート 4500 を使って ESP-UDP をリダイレクトしようとします (「どこでも My Mac」と競合する場合があります)*。

AirMac ベースステーションで、プライベートアドレスの L2TP VPN サーバへの NAT ポートフォワーディングを有効にする場合は、まず AirMac ユーティリティで「どこでも My Mac」サービスを無効にします。「どこでも My Mac」を有効にしていると、プライベートアドレスの L2TP VPN サーバへの NAT ポートフォワーディングを構成しても、サーバへのポートフォワーディングの設定は無視されます。

* 2019 年 7 月 1 日時点で、「どこでも My Mac」のサービスは終了しています。

AirMac ベースステーションで「どこでも My Mac」を無効にする方法

構成対象の AirMac ベースステーションと同じローカルエリアネットワークに接続していることを確認します。以下の手順は AirMac ユーティリティ 6.0 以降を対象にしています。

  1. OS X の場合は、Finder で、「移動」メニューから「ユーティリティ」を選択し、AirMac ユーティリティを開きます (前述の通り、AirMac ユーティリティ 6.0 以降を使ってください)。
    Windows の場合は、「スタート」>「すべてのプログラム」>「AirMac」の順に選択し、AirMac ユーティリティを開きます (前述の通り、AirMac ユーティリティ 6.0 以降を使ってください)。
  2. AirMac ベースステーションを選択し、「編集」をクリックします。
  3. AirMac ベースステーションのパスワードの入力を求められたら入力します (「どこでも My Mac」のパスワードではありません)。
  4. 「ベースステーション」タブをクリックし (選択されていない場合)、「どこでも My Mac」のアカウントを選択して、「-」ボタンをクリックします。すべてのアカウントに対して、1 つずつこの作業を行ってください。
  5. 「アップデート」をクリックして変更内容を保存します。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: