Aperture で使用する前に、外付けドライブを Mac OS 拡張でフォーマットする

Aperture で使用する新しい外付けハードドライブの準備についてヒントを紹介します。

Aperture ライブラリ、参照イメージ、またはボールトの保存に、外付けの FireWire または USB ハードドライブを使用する場合は、Aperture で外付けハードドライブのパフォーマンスを最大限に活用できるように、次のヒントを参考にして外付けハードドライブの準備をしてください。多くの外付けハードドライブは、あらかじめ FAT 32 でフォーマットされています。これはネイティブの Windows ファイルフォーマットで、Mac OS X でも読み込み可能ですが、Aperture で使用するには最適とはいえません。

新しい外付けハードドライブを Aperture で使用する前に、Mac OS 拡張ファイルシステムへの再フォーマットを行ってください。

  1. お使いのドライブが正しく取り付けられていることを確認します。
  2. このドライブに、すでに何らかのデータを書き込んでいる場合は、次の手順に進む前にこのデータをバックアップします。
  3. Finder で「移動」>「ユーティリティ」の順に選択します。「/アプリケーション/ユーティリティ」フォルダが開きます。
  4. ディスクユーティリティを起動します。
  5. 左側にあるサイドバーで外付けハードドライブのアイコンをクリックします。


  6. ウインドウの上部にある「消去」タブをクリックします。


  7. 「ボリュームフォーマット」メニューで、「Mac OS 拡張 (ジャーナリング)」を選択します。


  8. 「名前」フィールドに外付けハードドライブの名前を入力します。
  9. 「消去」ボタンをクリックします。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: