iMac (Early 2009):外部の機能、ポート、およびコネクタ

iMac (Early 2009) の外部の機能、ポート、およびコネクタについて説明します。この記事で説明するポートおよびコネクタはすべて、コンピュータ背面の右下にある入出力 (I/O) パネルにあります。 

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

機能

内蔵マイク

内蔵マイクは、ほかのすべてのオーディオ入力ポートとは別に機能し、常に使える状態になっています。内蔵マイクは、16、20、24 ビット/サンプルのビット深度、44.1 kHz、48 kHz、96 kHz のサンプルレートでの録音をサポートします。マイクから録音した音声は、左右両方のチャンネルのデータが同じステレオデータストリームとして表現されます。マイクゲインは、-16 dB 〜 +30 dB の間で調整できます。

iSight カメラ内蔵

iChat AV を使ってブロードバンド接続経由でビデオチャットをしたり、Photo Booth を使って写真を撮ったり、iMovie HD を使ってビデオをキャプチャしたりできます。iSight カメラには、使用時に点灯するインジケータランプが付いています。

光学式ディスクドライブ (スロットローディング方式)

SuperDrive は CD-ROM、フォト CD、オーディオ、DVD の各ディスクを読み取ることができます。また、CD-R、CD-RW、DVD±R、DVD±RW、DVD±R 2 層式 (DL) の各ディスクに書き込むことができます。

Apple Remote 用の内蔵赤外線 (IR) レシーバー

赤外線通信機能のある Apple Remote (別売) は、Front Row で使われる内蔵 IR レシーバーと連動して DVD プレーヤー、iPhoto、iTunes、および QuickTime Player を操作します。

入出力ポート

Apple Mini DisplayPort ビデオ出力ポート

Mini DisplayPort ビデオ出力ポートを使って、対応する DVI (Digital Visual Interface) ディスプレイ、VGA (Video Graphics Display) またはプロジェクタを適切な Mini DisplayPort アダプタで接続すると、ビデオをミラーリングしたり、Mac OS X デスクトップのサイズを拡張 (拡張デスクトップモード) したりできます。

  • シングルリンクの DVI ディスプレイには、Mini DisplayPort - DVI アダプタ (MB570Z/B) を使います。
  • デュアルリンク DVI ディスプレイには、Mini DisplayPort - デュアルリンク DVI アダプタ (MB571Z/A) を使います。
  • VGA ディスプレイまたはプロジェクタには、Mini DisplayPort - VGA ディスプレイアダプタ (MB572Z/G) を使います。

ビデオミラーリング

ビデオミラーリング機能を使って、iMac のフラットパネルディスプレイに表示されているイメージと同じものを外部モニタ、テレビ、プロジェクタなどに表示できます。

拡張デスクトップモード

内蔵ディスプレイのほかに外部ディスプレイを接続して、その領域をデスクトップに使います。

Ethernet ポート (10/100/1000 Base-T)

iMac (Early 2009) には、10Base-T/UTP、100Base-TX、および 1000Base-T ギガビット動作に対応する Ethernet ポートがあります。iMac を Ethernet ケーブルを使ってケーブルモデム、DSL モデム、ハブ、スイッチ、ルーター、別の Macintosh コンピュータに接続できます。

10Base-T、100Base-T、1000Base-T のどの機器も接続できます。どのタイプの Ethernet 機器が接続されているのかは自動的に検出されます。ほかの Ethernet デバイスを接続するときに Ethernet クロスケーブルを使う必要はありません。

USB (Universal Serial Bus) 2.0 ポート x 4 基

iMac (Early 2009) の背面パネルには USB 2.0 に準拠したポートが合計 4 基あります。これらのポートには USB 2.0 および USB 1.1 に準拠した装置を接続することができます。USB 2.0 ポートは、Low Speed、Full Speed、High Speed (転送速度はそれぞれ最大 1.5 Mbit/s、12 Mbit/s、480 Mbit/s) の 3 種類のモードに対応します。

アルミニウム製 Apple Keyboard は、High Speed USB 2.0 ポートを 2 基備えた USB ハブを搭載しています。

USB ポートはすべて、4 ピンの USB Type A コネクタを使用します。

オーディオライン入力/光デジタルオーディオ入力ポート

ライン入力

アナログライン入力は、ほかのすべてのオーディオ入力ポートから独立して機能し、常に使用可能になっています。ライン入力は、16、20、24 ビット/サンプルのビット深度、44.1 kHz、48 kHz、96 kHz のサンプルレートでの録音をサポートします。ライン入力から録音された音声は、ステレオデータストリームとして表示されます。ライン入力ゲインは、-16 dB 〜 +30 dB の間で調整できます。

1 kHz、1 VRMS (-3 dBFS) の正弦波の入力時 (44.1 kHz の入力サンプルレート、24 ビットのサンプル深度、0.0 dB の入力ゲイン、重みなし) のオーディオライン入力の定格仕様は、次の通りです。

  • ジャックタイプ:3.5 mm (1/8 インチ) ステレオ
  • 最大入力電圧:3 VRMS (+11.8 dBu)
  • フルスケール出力用の最小電圧入力:入力ゲイン = +30 dB で 63 mVRMS (-21.5 dBu)
  • 入力インピーダンス:>20 キロオーム
  • 周波数レスポンス:20 Hz ~ 20 kHz、+0.5 dB/-3 dB
  • S/N 比 (Signal-to-Noise Ratio:SNR):>90 dB
  • 全高調波ひずみ + ノイズ (THD+N):<-85 dB (0.006%)
  • チャンネル分離:>85 dB

光デジタル入力

0 dBFS の入力レベル、24 ビットのサンプル深度、および 44.1 kHz のサンプルレート (下記で指定しない限り) での 1 kHz の正弦波の入力に基づく、デジタルオーディオ入力の電気特性 (定格仕様) は、次の通りです。

  • FSI – 入力サンプルレート:44.1 kHz、48 kHz、または 96 kHz
  • ビット/サンプル:16、20、または 24
  • S/N 比 (Signal-to-Noise Ratio:SNR):>130 dB
  • 全高調波ひずみ + ノイズ (THD+N):<-130 dB (0.0003%)

音声出力/デジタルオーディオ出力ポート

ライン/ヘッドフォン出力

外部の S/PDIF 光デジタル出力デバイスが検出されない場合は、オーディオ出力として自動的にヘッドフォン出力が選択されます。ヘッドフォン出力は、16、20、24 ビット/サンプルのビット深度、44.1 kHz、48 kHz、96 kHz のサンプルレートでのステレオデータストリームをサポートします。ヘッドフォン出力の音量は、0.0 dB 〜 -64 dB の間で調整できます。

-3 dBFS の電圧レベル、24 ビットのサンプル深度、44.1 kHz の出力サンプルレート、100 k の負荷 (特に指定しない限り) での 1 kHz の正弦波の再生時のオーディオ出力の定格仕様は、次の通りです。

  • ジャックタイプ:3.5 mm (1/8 インチ) ステレオコンボ
  • 最大出力電圧:1.6 VRMS (+6.3 dBu)
  • 出力インピーダンス:<24 オーム
  • 周波数レスポンス:20 Hz ~ 20 kHz、+0.5 dB/-3 dB
  • S/N 比 (Signal-to-Noise Ratio:SNR):>90 dB
  • 全高調波ひずみ + ノイズ (THD+N):<-80 dB (0.007%)
  • チャンネル分離:>85 dB

S/PDIF 光デジタル出力

外部のコンビネーションオーディオポートで S/PDIF (Sony/Philips Digital Interface Format) 光デジタル出力デバイスが検出されたときは、S/PDIF 光デジタル出力が自動的に選択されます。S/PDIF 光デジタル出力は、次のようなステレオデータストリーム特性を持つパルス符号変調 (PCM) および AC-3 (Arc Consistency Algorithm #3) オーディオフォーマットをサポートします。

  • PCM:44.1 kHz、48 kHz、または 96 kHz のサンプルレートで 16、20、24 ビット/サンプル
  • AC-3:44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz、176.4 kHz、192 kHz のサンプルレートで 16 ビット/サンプル

S/PDIF 光出力チャンネルステータスは、IEC (International Electrotechnical Commission) 60958-3 コンシューマモードデジタルオーディオに準拠します。

1 kHz 正弦波の再生時 (特に指定しない限り 0 dBFS の出力レベル、44.1 kHz のサンプルレート、24 ビットのサンプル深度での S/PDIF 出力フォーマット) のデジタルオーディオ出力の定格仕様は、次の通りです。

  • ジャックタイプ:3.5 mm (1/8 インチ) ステレオコンボ
  • デジタルオーディオの S/N 比 (Signal-to-Noise Ratio:SNR):>130 dB
  • デジタルオーディオの全高調波ひずみ + ノイズ (THD+N):<-130 dB (0.00003%)

FireWire ポート

iMac には、FireWire 800 PHY (Physical Layer) が搭載された OHCI (Open Host Controller Interface) FireWire コントローラによってサポートされる FireWire 800 ポートが 1 基あります。FireWire 800 ポートは、最大データレートが 800 Mbps (100 MBps) の IEEE 1394b をサポートしています。iMac (Early 2009) ではこのポートに 7 W が供給されます。 

iMac (Early 2009) はターゲットディスクモード (TDM) をサポートしています。

公開日: