Logic Pro、Logic Express:圧縮されたオーディオとトラック数について

圧縮されたオーディオを Logic で使用すると、トラック数に影響を与える場合があります。

Logic Pro と Logic Express では、AAC、Apple ロスレス、および MP3 などの圧縮されたオーディオフォーマットを「アレンジ」ウインドウで直接再生できます。 これらのファイルは必要とするディスク容量が少ないため、再生に必要なプロセッサやディスクドライブ帯域幅も少ないと考えられがちです。実際には、圧縮されたオーディオを直接再生するには、圧縮されていないオーディオトラックを同じ数だけ再生するよりも多くのコンピュータのリソースを必要とします。この結果、トラック数が少なくなります。

状況によっては、圧縮されたオーディオトラックを AIFF や WAVE ファイルに変換することでパフォーマンスが向上する場合があります。

ファイルを変換するには、「アレンジ」ウインドウで関連するリージョンを選択し、「アレンジ」 > 「オーディオ」 > 「リージョンを新しいオーディオファイルに変換」の順に選択します。ファイルセレクタが表示されたら、変換されたファイルの保存先とファイルフォーマットを選択します。

公開日: