Xserve (Late 2006 以降):Lights-Out Management (LOM) の設定

Xserve (late 2006 以降) で Lights-Out Management (LOM) ポートを設定する方法を説明します。

Lights-Out Management (LOM) を設定する方法には、次の 3 種類があります。

  • サーバの設定アシスタントを使う
  • サーバモニタで設定する
  • コマンドラインユーティリティ「ipmitool」を使う

3 番目の ipmitool を使う方法については、ここでは説明しません。この方法の詳細については、「man ipmitool」コマンドを実行して参照できます。

The Xserve (Late 2006 以降) には、センサーの監視と報告を行うプロセッサが組み込まれています。リモートでの監視機能を有効にするには、LOM ポートに割り当てられたネットワークアドレスを使うようにサーバモニタを設定する必要があります。LOM ポートには、固有の静的 IP アドレスが必要です。管理およびサービスアクセス用にコンピュータに割り当てられた IP アドレスと同じものを使うことはできません。

サーバの設定アシスタントを使って LOM ポートを設定する

  1. 設定時に、「ネットワークインターフェイス」パネルで LOM ポートが自動的に選択されます。注意:サーバの設定は、直接接続されたキーボードとモニタを使ってローカルで行うか、ARD 接続を介して行うか、またはサーバアシスタントを使ってリモートで行うことができます。

    「ネットワークインターフェイス」パネル
  2. 「TCP/IP 接続」ウインドウで、「チャンネル 1」の IP アドレス、サブネットマスク、ルーターの情報を入力します。

    「TCP/IP 接続」パネル


    LOM の「チャンネル 1」は、「内蔵 Ethernet 1」ポートと物理的に同じ接続でネットワークに接続されますが、固有の IP アドレスが必要です。注意:LOM は、リンクアグリゲーションポートでは有効にできません。
  3. LOM の管理者のアカウント名とパスワードを作成します。「チャンネル 1」と「チャンネル 2」が設定されている場合、このアカウント名とパスワードは両方のチャンネルに適用されます。これは、どのサーバまたはディレクトリの管理者名およびパスワードとも異なります。
  4. 「チャンネル 2」を設定します (使う場合)。これにより「内蔵 Ethernet 2」ポート経由でネットワークに接続されます。注意:Xserve (Early 2009) では、LOM は単一のポートにしか設定できません。サーバアシスタントで「内蔵 Ethernet 1」ポートに LOM を設定し、後でサーバモニタで変更できます。
  5. 設定内容を適用すると、LOM が設定され、利用可能な状態になります。

サーバモニタを使って LOM ポートを設定する

  1. Xserve のサーバモニタを開きます。この処理は、Xserve 上でサーバモニタがローカルで起動している状態で行う必要があります。
  2. サーバ」メニューの「ローカルコンピュータを構成」を選択します。
  3. LOM を有効にするポートを選択します。Xserve (Early 2009) の場合、ネットワーク情報フィールドの下のポップアップメニューを使います。Xserve (Late 2006) および (Early 2008) の場合、ネットワーク情報フィールドの上のタブを使います。
    Xserve (Early 2009)
    Early 2009 の LOM 構成パネル

    Xserve (Late 2006) および (Early 2008)
    Late 2006 および Early 2008 の LOM 構成パネル
  4. IP アドレス、サブネットマスク、およびルーターの情報を入力します。
  5. LOM の管理者のアカウント名とパスワードを入力します。
  6. 「適用」をクリックします。
  7. Xserve (Late 2006) および (Early 2008) のみ:必要に応じて、ほかのポートを選択して、構成します。このポートは、ネットワークに物理的に接続されている必要があります。
公開日: