メールに「winmail.dat」が添付されている場合

他社製のユーティリティを使って、この添付ファイルを開くことができます。

Microsoft 製のメール App (Outlook、Microsoft Exchange など) の古いバージョンから送られてきたメッセージに、「winmail.dat」という名前のファイルが添付されていることがあります。このファイルは送信側の App には表示されませんが、Mac のメール App には表示されます。ほかのメール App では、「application/ms-tnef」という名前の MIME セクションという形で表示されることもあります。この現象は、送信側の App が Transport Neutral Encapsulation Format (TNEF) を使っている場合に起こります。

「winmail.dat」ファイルには、有用な情報が何も入っていないか、または書類やその他のファイルが含まれている場合があります。

iPhone、iPad、iPod touch、Mac で「winmail.dat」ファイルを開くには、以下の手順を実行してください。

  1. メール App でそのメッセージを開きます。
  2. 「winmail.dat」添付ファイルを長押しします。または、Mac では、「ファイル」>「添付ファイルを保存」の順に選択し、「winmail.dat」ファイルを保存します。
  3. ファイルを他社製の winmail.dat ビューアで開きます。この種のビューアは、App Store で探していただけます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: