移行の基本:Windows エクスプローラから Finder への移行

Finder と Windows エクスプローラとの共通点を説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

Mac はまったく新しい世界のように思われるかもしれませんが、Finder には見慣れた Windows エクスプローラと共通する点があります。たとえば、デスクトップとウインドウがあるのは Windows と同じですし、ほとんどの機能にも、Windows と同じように、メニューからアクセスします。また、キーボードショートカットを使って操作を簡単に実行するという発想も同じです。

Windows では Windows エクスプローラを使ってファイルを管理します。Mac OS X では Finder でファイルを管理します。Finder では、ファイルの検索、コピー、移動、削除ができます。ファイルサーバとの接続、挿入した DVD、および USB メモリを表示することもできます。

Mac OS X のデスクトップと Finder の要素、およびそれに対応する Windows エクスプローラの要素

以下は、Mac のデスクトップと Finder ウインドウの例 (Cover Flow 表示) です。Windows と比較するためにラベルが付けてあります。一部の Mac OS X 機能は Windows にはありません。

  1. Apple () メニュー - Windows の「スタート」メニューに相当します。ここから、ソフトウェア・アップデート (Windows Update に相当)、システム環境設定 (「コントロール パネル」に相当)、スリープ、ログアウト、シャットダウンなどにアクセスできます。
  2. メニューバー - メニューバーは常に画面上部に表示されています。Apple メニュー、アクティブなアプリケーションメニュー、メニューバーの追加項目、および「Spotlight」アイコンが含まれています。「Finder」メニューは、Finder の「環境設定」「サービス」「確実にゴミ箱を空にする」などの項目で構成されています。
  3. Finder ウインドウの閉じるボタン、しまうボタン、ズームボタン - Windows と同じですが、左側にあります。注意:Windows と異なり、Mac OS X では、アプリケーションウインドウを閉じてもそのアプリケーションが終了するとは限りません。Mac OS X では、すべてのアプリケーションメニューに終了オプションがあります。キーボードショートカット 「command + Q」を使ってこのオプションを呼び出すこともできます。
  4. Finder ウインドウの表示ボタン - Windows エクスプローラの「表示」メニューに含まれるオプションに相当します。
    • アイコンで表示 - Windows の「アイコン」表示モードと同じで、フォルダの内容を一連のアイコンとして表示します。複数ページの書類や QuickTime ムービーの上にマウスポインタを移動すると、コンテンツのサムネールプレビューが表示されます。
    • リストで表示 - Windows の「詳細」表示モードと同じで、スプレッドシート形式でフォルダの内容を表示します。各フォルダを開くには、そのフォルダのすぐ左にある開閉用三角ボタンをクリックします。ファイル名、変更されたデータなどを基準にして簡単に並べ替えを実行できます。「表示」メニューから「表示オプションを表示」を選択して、属性カラムを追加/削除します。並べ替え順序を昇順から降順または降順から昇順に切り替えるには、属性カラムのタイトルをクリックします。
    • カラム表示 - お使いのハードディスクの階層を表示します。各カラムは 1 つのフォルダを示します。
    • Cover Flow 表示 - iTunes で使用されている Cover Flow と同様にお使いのフォルダの内容を表示します。イメージ、書類、およびムービーのライブプレビューを表示したり、書類のページをすばやくめくったり、ムービーを再生したりすることができます。
  5. 「アクション」メニュー - Windows エクスプローラで項目を右クリックするのに相当します。強調表示した項目に対応する、「情報を見る」「クイックルック」「ゴミ箱に入れる」「サービス」などの Finder 機能にすばやくアクセスします。
  6. 項目の並び順序 - Windows エクスプローラの「グループで表示」「並べ替え」に相当します。フォルダ内の項目を「名前」「種類」「アプリケーション」「最後に開いた日」「追加日」などを基準にしてグループ化します。
  7. 検索フィールド - Windows の「検索」と同様に、単語や語句を入力すると、Spotlight によりすべての一致箇所がお使いの Mac から検索されます。
  8. Spotlight アイコン - Windows の「検索」と同様に、このアイコンをクリックすると、Spotlight 検索フィールドが表示されます。ここで、お使いの Mac に関するあらゆる情報を検索できます。
  9. 戻る/進むボタン - Windows エクスプローラと同様、Finder ウインドウ内の別の場所に移動する場合に、戻るボタンを使用して 1 つ前に戻ったり、進むボタンを使用して 1 つ先に進んだりすることができます。
  10. サイドバー - Windows エクスプローラの作業ウインドウと同様、項目が「よく使う項目」「共有」「デバイス」というカテゴリに分けられています。「よく使う項目」セクションでは、デスクトップ、アプリケーション、ダウンロード、書類などの項目にすばやくアクセスできます。「デバイス」と「共有」には、お使いの Mac に接続されているすべての項目 (ハードディスク、iDisk、ネットワーク共有ポイント、SD メモリカード、DVD など) が表示されます。
  11. Cover Flow コンテンツ - お使いのファイルのライブプレビューが表示されます。書類のページをすばやくめくったり、QuickTime ムービーを再生したりすることができます。
  12. 「Finder アプリケーション」アイコン - Windows エクスプローラと同様、このアイコンをクリックすると、Finder が前面に表示され、まだ開いていない場合は Finder ウインドウが開きます。
  13. Dock - Windows のタスクバーと同様、Finder やよく使うアプリケーション、フォルダ、ファイルにすばやくアクセスできます。1 回クリックすると、アプリケーション、フォルダ、またはファイルが開きます。
  14. ゴミ箱 - 「ごみ箱」と同様に、ユーザがゴミ箱を空にするまで、削除した項目はゴミ箱の中に保管されています。DVD や SD メモリーカード、Mac に接続された外付けドライブをゴミ箱にドラッグして取り出すこともできます (この操作を行うとディスク類は物理的に取り出され、その他のデバイスはこの操作の後に接続を外せるようになります)。

関連情報

Windows の機能とそれに相当する Mac OS X 機能の一覧について、こちらの記事も参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日:Thu May 17 21:15:55 GMT 2018