Apple ノートブックコンピュータとバッテリーの保管方法

Apple ノートブックコンピュータに適した保管方法を、使われているバッテリーの種類別に紹介します。

Apple ノートブックコンピュータを長期保管する際は、バッテリーが破損しないように適切に保管することが大切です。たとえば、学校では夏季休暇中は Mac ノートブックコンピュータを使わないので、その間、適切に保管しておく必要があります。

次の点を念頭に置いて、お使いのコンピュータのバッテリーについて以下の該当個所をお読みください。

  • 周囲の温度が、バッテリーの保管期限に影響します。冷暗所が理想です。以下の推定期間も、冷暗所を前提としています。 
  • 保管期限はすべて、バッテリーが 50% 充電された時点から起算しています。 
  • バッテリーを取り外し可能なコンピュータの場合は、バッテリーを取り外してから冷暗所に保管してください。 
  • バッテリーを取り外せないコンピュータの場合は、バッテリー残量が 50% になるまで充電または放電してください。コンピュータを 6 カ月以上保管しておく場合は、保管期間中も 6 カ月ごとにバッテリー残量が 50% になるように充電してください。

詳しくは、Apple のバッテリーの Web サイトをご覧ください。

MacBook、MacBook Pro、および MacBook Air

最近の Apple ノートブックコンピュータはリチウムイオンバッテリーを採用しています。

リチウムイオン (Li-Ion) バッテリーを保管する

  • 1 〜 2 カ月 - バッテリーの充電残量でコンピュータを十分に動作させることができます。
  • 3 〜 12 カ月 - バッテリーは低電力状態になっている可能性があり、使用の前に、純正の電源アダプタで 20 分ほど充電する必要があります。
  • 12 カ月以上 - バッテリーは依然として充電可能ですが、容量がいくらか減っている可能性があります。

ノートブックをスリープ状態にしてリチウムイオンバッテリーを低充電状態 (<20%) で 48 時間以上放置しておくことは極力避けてください。バッテリーが消耗して回復不可能な状態に陥ったり、コンピュータに認識されなくなったりする場合があります。

MacBook、MacBook Air、または MacBook Pro のバッテリーは、完全放電した後は認識されなくなります。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

iBook および PowerBook

各種のバッテリーを採用した旧モデルの Macバッテリーのラベルを調べて、コンピュータで使われているバッテリーの種類を確認してください。

リチウムイオン (Li-Ion) バッテリーを保管する

  • 1 〜 2 カ月 - バッテリーの充電残量でコンピュータを十分に動作させることができます。
  • 3 〜 12 カ月 - バッテリーは低電力状態になっている可能性があり、使用の前に、純正の電源アダプタで 20 分ほど充電する必要があります。
  • 12 カ月以上 - バッテリーは依然として充電可能ですが、容量がいくらか減っている可能性があります。

ニッケル水素蓄電池 (NiMH) を保管する

  • 1 〜 2 カ月 - バッテリーの充電残量でコンピュータを十分に動作させることができます。
  • 3 〜 12 カ月 - バッテリーは低電力状態になっている可能性があり、使用の前に、純正の電源アダプタで 20 分ほど充電する必要があります。
  • ポータブルコンピュータ用インテリジェントバッテリー (NiMH) では充電機能が向上しています。完全に充電したバッテリーの保管期限は 6 カ月です。スリープ状態でバッテリーが放電し、コンピュータの電源が切れた場合、コンピュータは 6 週間この状態を維持できます。

ニッカド電池 (NiCad) を保管する

  • 1 〜 2 カ月 - バッテリーの充電残量でコンピュータを十分に動作させることができます。
  • 3 〜 12 カ月 - バッテリーは低電力状態になっている可能性があり、使用の前に、純正の電源アダプタで 20 分ほど充電する必要があります。

シール鉛蓄電池 (SLA) を保管する

  • 1 〜 2 カ月 - バッテリーの充電残量でコンピュータを十分に動作させることができます。
  • 3 〜 12 カ月 - バッテリーは低電力状態になっている可能性があり、使用の前に、純正の電源アダプタで 20 分ほど充電する必要があります。
公開日: