Mac に付属していたバージョンまたはそれより新しい互換性のあるバージョンの Mac オペレーティングシステムを使う

互換性のない macOS を使おうとすると、Mac が起動しなかったり、想定外の症状が現れたりする場合があります。

Mac を互換性のないバージョンまたはビルドの macOS が入ったハードディスク、ネットワークボリューム、または Time Machine バックアップから起動しようとすると、以下のいずれかの症状が現れることがあります。

  • Mac の起動が終わらない、または起動時に禁止サインが表示される。
  • 対応していないバージョンまたは誤ったバージョンの Mac オペレーティングシステムが使われているというメッセージが表示される。
  • トラックパッドやマウス、キーボードが反応しなくなる。
  • App が突然終了する。
  • Mac がスリープモードにならない、またはスリープモードが解除されない。
  • Mac から音が聞こえなくなる。
  • Mac のファンが高速回転し、回転音が大きくなる。
  • ディスプレイに映る画像が縮小されて見える、周囲に黒い枠線が表示される、または半透明になる。
  • Bluetooth または Wi-Fi が使えない。

互換性のある Mac オペレーティングシステムを調べる

Mac に当初付属していた macOS のバージョンが、その Mac と互換性のあるバージョンのうち、一番古いものになります。それより新しいバージョンの macOS に Mac が対応しているかどうかを調べるには、システム条件をご確認ください。

互換性のあるバージョンの macOS のはずなのに Mac が起動しない場合は、そのバージョンの特定のビルドが必要だと考えられます。以下のいずれかの方法で正しいビルドを入手してください。

  • macOS 復元を使って、問題が起きている Mac に macOS を再インストールする。
  • または、新しいバージョンの macOS をインストールする。 

関連情報

  • macOS のインストール方法については、こちらの記事を参照してください。
  • ネットワーク起動ボリューム (NetBoot、NetInstall、NetRestore) を作成する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • macOS の起動可能なインストーラを作成する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • 別の Mac で作成した Time Machine バックアップを復元するには、移行アシスタントを使います。
公開日: