Aperture:プリントおよび Web のためのカラーとガンマ設定

写真のカラーを決定するときは、最終的な出力先が何であるかを確認することをお勧めします。たとえば、写真を Web サイトに公開する場合とプリントする場合では、写真の処理が異なります。

カメラ設定

写真のカラーをコントロールするには、まずカメラの設定を熟知する必要があります。

RAW はカメラのセンサーが感知するすべてのデータをキャプチャできるため、RAW 撮影ができるカメラをお使いの場合は、RAW 撮影を行うことをお勧めします。RAW 撮影を行う場合は、Aperture でカラーを完全にコントロールできるため、カメラ側でカラーの設定を考慮する必要はありません。 

JPEG 撮影しかできないカメラをお使いの場合、または RAW+JPEG 撮影を行う場合は、その他の設定も考慮する必要があります。多くのカメラでは、色空間を選択できます。色空間を選択することで、JPEG 写真に表示できるカラーの範囲 (色域) を指定できます。Adobe RGB は sRGB よりも色域が広いため、通常、利用可能な場合は Adobe RGB を選択することをお勧めします。

多くのカメラでは JPEG 品質を設定できます。JPEG 写真は常に圧縮されており、JPEG 品質の設定では、写真をカメラに保存する際の圧縮率を決定できます。品質を高く設定するほど、写真はより精細になりますが、ファイルサイズは大きくなります。Aperture で JPEG を処理する場合、そのカメラで一番高い JPEG 品質に設定することをお勧めします。 

一部のカメラ内には、JPEG に画像処理を追加する画像処理プリセットが用意されています。この画像処理を無効にして、必要に応じて Aperture で画像処理を適用することをお勧めします (Aperture では画像の品質を損なわずに選択的に画像処理を行えます)。

ディスプレイを補正する

ディスプレイを適切に補正することは、写真を書き出したりプリントしたりするときに、Aperture でのカラーの決定を正しく反映させるのに重要です。たとえば、ディスプレイに青かぶりが発生している場合、これに合わせて写真のカラーバランスを変更してしまい、写真をプリントしたりオンラインで表示したりするときに、青味が足りなくなることがあります。また、ガンマ設定が正しくないと、写真を Web で表示したときに、非常に暗く見えることがあります。

OS X には、ディスプレイを補正するツールが搭載されています。

  1. Apple () メニューの「システム環境設定」を選択します。
  2. 「ディスプレイ」をクリックします。
  3. 表示されるウインドウで「カラー」タブをクリックします。ディスプレイが複数台ある場合は、必ず補正したいディスプレイを 1 台選択しており、補正したいディスプレイに設定ウインドウが表示されていることを確認します。
  4. 「補正」ボタンをクリックします。
  5. 「詳細モード」チェックボックスを有効にします。
  6. 「続ける」をクリックし、表示される手順に従います。

注意:ディスプレイの実際の出力と既知の「理想の」カラーを比較するセンサーを搭載し、ディスプレイの差を補うプロファイルを作成するハードウェア補正デバイスを利用することもできます。 

ガンマとホワイトポイントを選択する

ディスプレイを補正するときは、特別な理由がない限り、デフォルトの Mac 2.2 ガンマおよび D65 ホワイトポイントを使います。

Aperture でカラーを処理する

Aperture でカラーを処理する
Aperture で処理した写真を主に Web に表示する場合は、色空間を考慮する必要はありません。Aperture が扱う色域は広いため、その他の一部のアプリケーションで必要な、利用する色空間の定義は必要ありません。 

写真をプリントする場合は、オンスクリーンプルーフを使って、プリントしたときのカラーをディスプレイ上に再現できます。まず、使うプリンタの ICC カラープロファイルを必ずインストールする必要があります。お使いのプリンタおよび用紙の種類に合ったプロファイルを入手する方法についてはプリンタのメーカーにお問い合わせください。写真をプリントサービスに送信する場合も、そのプリントサービスから適切な ICC プロファイルを入手できます。プロファイルは「/ライブラリ/ColorSync/Profiles」に置きます。

オンスクリーンプルーフを有効にするには、以下の手順に従います。

  1. Aperture で「表示」>「プルーフ用プロファイル」> [利用するプロファイル名] の順に選択します。
  2. プロファイルを選択したら、「表示」>「オンスクリーンプルーフ」の順に選択すると、オンスクリーンプルーフの入/切を切り替えられます。

ご自分で写真をプリントする場合は、Aperture のプリントダイアログの「カラープロファイル」メニューで、「オンスクリーンプルーフ」で使ったのと同じプロファイルを選択します。写真をプリントサービスに送信する場合は、適合するカラープロファイルを使う書き出しプリセットを作成して使います。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: