OS X Server:管理ツールの互換性情報

別の OS X コンピュータから OS X Server を管理するための、Server アプリケーションとシステムソフトウェアの互換性のある組み合わせについて学習します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

OS X Server (Yosemite)

Yosemite で OS X Server を管理するには、OS X Yosemite で Server App バージョン 4 以降を使用します。Server App は Mac App Store で入手可能です。

Yosemite の OS X Server を別バージョンの OS X クライアントから管理するには、画面共有または Apple Remote Desktop を使ってサーバに接続します。

注意:ワークグループマネージャおよび以前のバージョンの Server App は、Yosemite と互換性がありません。

OS X Server (Mavericks)

Mavericks で OS X Server を管理するには、OS X Mavericks で Server App バージョン 3 以降を使用します。Server App は Mac App Store で入手可能です。OS X Mavericks で Server App を使って、OS X Server (Mavericks) または OS X Server (Mountain Lion) のいずれかを実行しているサーバをリモートで管理することができます。

OS X Server を別バージョンの OS X クライアントから管理するには、画面共有または Apple Remote Desktop を使ってサーバに接続します。OS X Server で従来のクライアントの環境設定を管理するには、ワークグループマネージャ 10.9 を使用します。ワークグループマネージャ 10.9 は、Apple サポートダウンロードで入手可能です。

注意:以前のバージョンの Server App およびワークグループマネージャは、Mavericks と互換性がありません。

OS X Server (Mountain Lion)

Mountain Lion で OS X Server を管理するには、OS X Mountain Lion で Server App バージョン 2 または OS X Mavericks で Server App バージョン 3 を使用します。Server App は Mac App Store で入手可能です。OS X Server でクライアントの環境設定を管理するには、OS X Mountain Lion で ワークグループマネージャ 10.8 を使用します。ワークグループマネージャ 10.8 は、Apple サポートダウンロード で入手可能です。

OS X Server を旧バージョンの OS X のクライアントから管理するには、画面共有または Apple Remote Desktop を使ってサーバに接続します。クライアントの環境設定を管理するには、OS X Lion でサーバ管理ツール 10.7 からワークグループマネージャを使うこともできます。

注意:OS X Lion の Server App とサーバ管理ツール 10.7 は Mountain Lion と互換性はありません。

Lion Server

Lion Server を管理するには、OS X Lion で Server App およびサーバ管理ツール 10.7 を使います。サーバ管理ツール 10.7 は、Apple サポートダウンロードで入手可能です。

Lion Server を別バージョンの OS X クライアントから管理するには、画面共有または Apple Remote Desktop を使ってサーバに接続します。Mountain Lion でワークグループマネージャ 10.8 を使って Lion Server に接続することもできます。

注意:サーバ管理ツール 10.6 が Mac OS X/Mac OS X Server v10.6 Snow Leopard にインストールされており、OS X Lion にアップグレードまたは移行する場合、サーバ管理ツール 10.6 は、Lion との互換性がないため削除されます。

Mac OS X Server v10.6

Mac OS X Server v10.6 を管理するには、Mac OS X v10.6 のサーバ管理ツール 10.6 を使用します。サーバ、ツール、および管理ワークステーションのバージョンをできる限り同じ近いバージョンのものにします。たとえば、Mac OS X Server v10.6.8 を管理するには Mac OS X v10.6.8 でサーバ管理ツール 10.6.8 を使用します。

また、Mac OS X Server v10.6 を管理するには OS X Lion でサーバ管理ツール 10.7 を使用します。

注意:サーバ管理ツール 10.5 が Mac OS X v10.5 にインストールされており、Mac OS X v10.6 へアップグレードまたは移行する場合、Mac OS X v10.5 の管理ツールは Mac OS X v10.6 との互換性がないため、Mac OS X v10.5 の管理ツールは削除されます。サーバ管理ツール 10.6 は、Apple サポートダウンロード からダウンロードできます。

Mac OS X Server v10.5 以前に関する情報

Mac OS X Server v10.5

Mac OS X Server v10.5 を管理するには、Mac OS X v10.5 コンピュータでサーバ管理ツール 10.5 を使用するか、後述の制限のもと、Mac OS X v10.6 コンピュータでサーバ管理ツール 10.6 を使用する必要があります。サーバ、管理ツール、および管理ワークステーションのバージョン番号は、できる限り近いものをお使いください。ただし、Mac OS X Server v10.5 の管理ツールの最新バージョンは 10.5.7 です。

注意:Mac OS X Server v10.5 を管理するのに、Mac OS X v10.6 の「サーバ環境設定」アプリケーションを使うことはできません。Mac OS X Server v10.5 を管理するのに、Mac OS X v10.6 の「ワークグループマネージャ」および「サーバ管理」アプリケーションを使うことはできます (証明書の管理は除く)。Server 環境設定の使用または Mac OS X Server v10.5 の証明書の作成および管理には、サーバにインストール済みの管理ツールを使う必要があります。

Mac OS X Server v10.4

Mac OS X Server v10.4 を管理するには、Mac OS X v10.4 で Mac OS X Server v10.4 管理ツール、または Mac OS X v10.5 で Mac OS X Server v10.5 管理ツール (DNS を除く) を使用できます。

注意:Mac OS X Server v10.5 管理ツールは Mac OS X Server v10.4.11 以降でのみ動作します。Mac OS X Server v10.4 DNS サービスは、Mac OS X Server v10.5 管理ツールと互換性がありません。この DNS サービスを管理するには、Mac OS X v10.4 で Mac OS X Server v10.4 管理ツールが必要です。Mac OS X v10.5 の管理ツールで Mac OS X Server 10.4.x を管理する場合には、1 つの名前につき 1 つの共有ポイントしか使えません。

Mac OS X Server v10.3

Mac OS X Server v10.3 サーバを管理するには、Mac OS X v10.3 で Mac OS X Server v10.3、または Mac OS X v10.4 で Mac OS X Server v10.4 管理ツールを使用できます。Mac OS X v10.4 管理ツールでユーザ、グループ、またはコンピュータを管理した場合は、10.4 管理ツールを使い続ける必要があります。

注意:Mac OS X v10.4 の管理ツールには、Mac OS X Server v10.3 に存在しない、またはサポートされていない一部の機能が表示されることがあります。さらに Mac OS X v10.4 の管理ツールは、Mac OS X v10.3 の管理ツールと互換性のない方法で管理設定を保存します。このため、一度でも Mac OS X v10.4 の管理ツールを使った場合は、そのまま使い続ける必要があります。

Mac OS X Server v10.2

Mac OS X Server v10.2 サーバを管理するには、Mac OS X v10.2 または v10.3 で Mac OS X Server v10.2 管理ツールを使う必要があります。

公開日: