Mac ノートブックの動作時温度を適正範囲に保つ

Mac ノートブックコンピュータは普通に使っていても熱を帯びることがあります。ここでは、動作時温度をうまく管理する方法をご案内します。

Mac ノートブックは、国内および海外の安全基準で規定されたあらゆる適正温度範囲を満たしています。安全性と製品の取り扱い方法については、必ずユーザガイドの記載内容に従ってください。

Mac ノートブックは、本体内部の温度変化を検知するセンサーを内蔵しています。ファンを搭載したモデルの場合、自動的にファンが作動し、重要なコンポーネントを冷却します。 

動作時温度の管理に役立つヒントを以下にいくつか紹介します。

  • Mac のソフトウェアアップデートと、最新のファームウェアアップデートをすべてインストールしてください。
  • Mac ノートブックは周辺温度が 10° ~ 35℃ の場所でお使いください。Mac ノートブックを車内に放置しないでください。駐車中の車内は室温が上がり、前述の適正範囲を超える場合があります。また、相対湿度が 0 % 〜 95 % (結露しないこと) の環境で使ってください。
  • Mac ノートブックは、通気の良い、安定した作業台の上で使いましょう。ベッドの中、枕の上、カバーの下では使わないようにします。
  • キーボードの上には何も置かないでください。 
  • Mac ノートブックに通気孔がある場合、その中に何か入れたりしないでください。 
  • 必ず Apple 認定の電源アダプタをお使いください。電源アダプタが過熱しないように、こちらの記事の利用手順に従ってください。

集中演算を要するタスクを何も実行していないのに Mac ノートブックが熱を帯びる場合や、ファンが長時間回り続ける場合は、アクティビティモニタを使って CPU のアクティビティを確認してください。機能不全のプロセスがあるせいで CPU が過負荷状態になっていないか調べ、Spotlight でハードドライブのインデックスが作成中ではないか確認しましょう。場合によっては、MacBook の SMC (システム管理コントローラ) のリセットが必要になることもあります。

ノートブックコンピュータの温度を計測する他社製の App をお使いの場合、1 つ理解しておいた方がいいのは、そうした App は外部ケースの温度を計測しないという点です。ケースの温度はずっと低くなります。ハードウェアに問題があるかどうかを診断する場合、他社製の App には頼らないでください。

Mac ノートブックの動作時温度に異変がある場合は、Apple にお問い合わせください。または、Apple Store 直営店Apple 正規サービスプロバイダにお越しください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: