OS X:「どこでも My Mac」には AirMac ベースステーションまたは UPnP 対応の他社製ルーターが必要

AirMac ベースステーションまたは UPnP 対応の他社製ルーターを使っているときに「どこでも My Mac」を使う方法について説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

「どこでも My Mac」を快適にご利用いただくには、OS X Mountain Lion または OS X Lion v10.7.5 以降をお使いください (ソフトウェア・アップデートを使って最新のアップデートをダウンロードしてインストールしてください)。さらに、お使いのルーターが NAT-PMP (NAT Port Mapping Protocol) または UPnP (ユニバーサルプラグアンドプレイ) をサポートしていて、それが 有効 になっているか確認してください。

OS X の「どこでも My Mac」は、互換性のある AirMac ベースステーション とシームレスに機能するよう設計されています。AirMac ソフトウェアが 最新の状態になっている か確認してください。このシームレスな統合は、NAT-PMP (NAT ポートマッピングプロトコル) 技術によって実現したものです。ローカルネットワークとインターネット間でサービスを提供できるよう、お使いのコンピュータが AirMac ベースステーションを自動的に構成します。

一部の他社製インターネットルーターでは、NAT-PMP と類似する UPnP (ユニバーサルプラグアンドプレイ) と呼ばれる技術が採用されています。「どこでも My Mac」は NAT-PMP でも UPnP でも機能します

「どこでも My Mac」が機能しない場合

以下の手順に従って、AirMac ユーティリティ 6.x で「どこでも My Mac」を有効にしてください。

  1. AirMac ユーティリティ (「/アプリケーション/ユーティリティ」にあります) を開きます。
  2. 適切なベースステーションのアイコンをクリックします。
  3. ポップアップメニューから「編集」を選択します。
  4. 「どこでも My Mac」セクションで「+」ボタンをクリックします。
  5. iCloud のユーザ名とパスワードを入力し、サインインします。
  6. 「アップデート」をクリックして、変更を保存します。 
  7. ベースステーションのアイコンがグレイ表示され、ベースステーションの構成が終了するまで「アップデート中」というステータスが表示されます。処理が終了したら、AirMac ユーティリティを終了します。

他社製のルーターを使っていて、「どこでも My Mac」が機能しないときは、UPnP が有効になっているか確認してください。UPnP の有効化についての詳細は、デバイスのマニュアルを参照するか、メーカーに問い合わせてください。

関連情報

「どこでも My Mac」の設定について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: