ゴミ箱を空にできない、またはファイルをゴミ箱に移動できない

Mac OS X でファイルを削除する方法、およびファイルをゴミ箱に移動できない場合、またはゴミ箱を空にできない場合の対処方法について説明します。

Mac OS X では、ユーザアカウントごとに個別に、ホームフォルダの中に見えないゴミ箱フォルダがあります。ゴミ箱の中身を見ると、各自が入れた内容だけが表示され、ほかのユーザのゴミ箱フォルダの内容は表示されません。ほかの書き込み可能なボリュームがある場合は、それらのボリュームにも個別の「ゴミ箱」フォルダが存在することがあります。

ファイルを削除する方法

  1. ファイルのアイコンをゴミ箱 (Dock 内にあります) にドラッグするか、ファイルを選択して「command + delete」キーを押します。
  2. 「Finder」メニューから「ゴミ箱を空にする」を選択します。

注意:ダウンロードやコピーが不完全なファイルを削除する場合は、こちらの記事を参照してください。

ヒント:Mac OS X v10.3 以降では、「Finder」メニューから「確実にゴミ箱を空にする」を選択することで、ファイルを完全に削除することができます。

「ゴミ箱を空にする」を選択する前に、気が変わってファイルを削除しないことにした場合は、以下の手順を実行します。

  1. Dock のゴミ箱アイコンをクリックします。
  2. ファイルをゴミ箱の外にドラッグします。
     

ゴミ箱を空にできない、またはファイルをゴミ箱に移動できない場合

たとえば、ゴミ箱を空にしようとすると、「項目 "(項目名)" がロックされているため、操作を完了できません」というメッセージが表示される場合があります。

まず、「option」キーを押しながら「Finder」メニューから「ゴミ箱を空にする」を選択してみます。


または、次の点を確認します。

  • ファイルがロックされていませんか?

    ファイルがロックされている場合は、削除する前にロックを解除するか、以下の「ロックされているファイルを削除する方法」に従って削除します。こちらの記事も参照してください。
     
  • ファイルを変更するために必要なアクセス権を持っていますか?

    Mac OS X のすべてのファイルおよびフォルダにはアクセス権が設定されており、そのファイルまたはフォルダに対して本人またはほかのユーザが行える操作 (ファイルやフォルダを変更できるかどうかなど) を定義できます。適切なアクセス権がないという警告メッセージが表示された場合は、こちらの記事の「ゴミ箱を空にする」セクションを参照してください。
     
  • ファイルやボリュームの名前に特殊な文字が使用されていませんか?

    Mac OS X では通常、名前に特殊な文字が使用されているファイルでも削除できますが、できない場合は以下の手順に従ってください。

    1. 削除しようとするファイルが入っているボリュームの名前をメモしておきます。ファイルのある場所がはっきりしない場合は、ファイルを選択して「ファイル」メニューから「情報を見る」を選択すれば確認できます。ボリューム名に黒丸や商標マークなどの特殊な ASCII 文字が含まれている場合は、一時的にボリュームの名前を変更して特殊文字が含まれないようにします。

      例:「·Dox」というボリュームからファイルを削除できない場合は、ボリュームを「Dox」という名前に変更します。ゴミ箱を空にした後で、必要に応じてボリュームを元の名前に戻しておきます。
       
    2. 削除できないファイルやフォルダの名前を調べます。スラッシュ (/)、または商標マーク、疑問符、著作権記号などの特殊な ASCII 文字が含まれていてはなりません。ファイル名に特殊な文字やスラッシュが含まれている場合は、名前からそれらの文字を削除してください。

      例:「Things/stuff」という名前のファイルを削除できない場合は、単に「t」という名前に変更して削除します。


ロックされているファイルを削除する方法

「shift」キーと「option」キーを押しながらゴミ箱を空にすると、ロックされているファイルを簡単に削除することができます (Mac OS X 10.1 以降)。Mac OS X バージョン 10.0 から 10.0.4 では、「情報を見る」を使って、項目の「ロック」チェックボックスの選択を外します。

これでもファイルを削除できない場合は、Mac OS X インストールディスクからコンピュータを起動し、最初の画面の「Installer」メニューから「ディスクユーティリティ」を選択します。ディスクユーティリティを使ってディスクを検証し、必要に応じてディスクを修復します。

ファイルのロックを解除できない場合、そのファイルをロック解除するアクセス権がないかもしれません。書き込みアクセス権を取得する方法については、こちらの記事を参照してください。

問題が解決しない場合は、ディスクユーティリティのアクセス権修復機能を使用して、Mac OS X ボリュームを確認してください。


上級テクニック:ロックされたファイルを削除する

ゴミ箱にロックされたファイルが複数ある場合は、コマンドラインで一度にすべてのファイルのロックを外すことができます。以下の手順に従ってください。

  1. ターミナルを開きます。これは「/アプリケーション/ユーティリティ」にあります。

    次のように入力します。
    chflags -R nouchg 
    
    
    
    注意:上記の行で nouchg の後ろにスペースを 1 つ (表示されません) 入力してください。行の最後は「nouchg 」のようになります。ここではまだ「return」キーを押さないでください。
     
  2. Dock のゴミ箱アイコンをダブルクリックして、ゴミ箱の中身を表示します。必要に応じて Finder ウインドウの位置をずらして、「ターミナル」ウインドウの一部が見えるようにします。
  3. 「command」+「A」キーの組み合わせを使って、ゴミ箱内のすべてのファイルを選択します。
  4. ファイルをゴミ箱から「ターミナル」ウインドウにドラッグします。
    注意:各ファイルのパス名が自動的に入力されます。特に複数のディスクやボリュームが存在する場合に、複数のゴミ箱ディレクトリを個別に空にする必要がなくなります。
  5. 「return」キーを押します。コマンドが成功したことを示す、特別なメッセージは表示されません。
  6. ゴミ箱を空にします。

ゴミ箱が空にならなかったり、「ターミナル」ウインドウに「usage: chflags [-R [-H | -L | -P]] flags file...」というメッセージが表示されたりした場合は、手順 2 で説明した通りに入力していなかったか、スペースを入力していなかった可能性があります。その場合は、上記の手順を繰り返してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

最終更新日:
役に立ちましたか?
50% の人が役に立ったと言っています。

その他の製品サポート情報

ディスカッションを開始

Apple サポートコミュニティ
この記事に関する質問をすべて見る 自分が投稿した質問をすべて見る
日本 (日本語)