Mac をシングルユーザモードまたは Verbose モードで起動する方法

ソフトウェアの開発者の方や IT プロフェッショナルの方は、シングルユーザモードまたは Verbose モードを使って、起動関連の問題の切り分けに役立てることができます。

シングルユーザモードまたは Verbose モードで起動する

以下の手順で Mac をシングルユーザモードまたは Verbose モードで起動してください。

  1. Mac をシステム終了します。
  2. 電源ボタンを押して Mac を起動します。
  3. その直後に以下のキーを押します。
  • シングルユーザモードで起動する場合は、「command + S」を押し続けます。
  • Verbose モードで起動する場合は、「command + V」を押し続けます。

画面に白いテキストが表示されたら、シングルユーザモードまたは Verbose モードで起動できています。

シングルユーザモードまたは Verbose モードに入れなかった場合

Mac が Verbose モードに進めず、何もメッセージが表示されない場合は、Mac がシステム終了するまで電源ボタンを押し続けてください。 

  • Mac の所有者または管理者がファームウェアパスワードを設定している場合は、Mac をシングルユーザモードまたは Verbose モードで起動できません。
  • FileVault が有効な場合、このプロセスの途中で起動ディスクのロックを解除する必要があります。白いテキストが一瞬表示されてから、FileVault のログイン画面が表示されます。ユーザを選択して、そのユーザのパスワードを入力したら、シングルユーザモードまたは Verbose モードでの起動プロセスが継続します。

シングルユーザモードまたは Verbose モードを終了する

シングルユーザモードを終了するには、「reboot」と入力して「return」キーを押します。シングルユーザモードでは、キーボードが英語レイアウトになります。

Verbose モードでは、起動とシステム終了のプロセスをテキスト表示で見ることができます。次回 Mac を再起動すると、Verbose モードが有効ではなくなります。

公開日: