iPod をハードディスクとして使う

iPod をドライブ (お使いの iPod に応じて、ハードドライブまたはフラッシュドライブ) として使って、データファイルを保管したり転送したりすることができます (ディスクモードとも呼ばれます)。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

ヒント:iPod に音楽を同期するには、iTunes を使います。Mac の Finder、または Windows パソコンの「マイ コンピュータ」/「コンピュータ」、またはエクスプローラのウインドウを使って iPod に転送した曲は、iPod で再生できません。このような方法で iPod に曲を転送した場合、iPod はこれらをデータとして認識します。

iPod をドライブとして使う

  1. iPod をコンピュータに接続します。
  2. iTunes を起動します (自動的に起動しない場合)。
  3. ソースパネルの iPod アイコンを選択します。
  4. 「概要」タブをクリックします。
  5. 「ディスクとして使用する」または「音楽とビデオを手動で管理」を選択します。どちらを選択しても、iPod をドライブとして使うことができます。「音楽とビデオを手動で管理」を選択すると、iPod が iTunes ライブラリを反映して自動的にアップデートされなくなります。iTunes が iPod を自動的にアップデートするように設定する場合は、「ディスクとして使用する」を代わりに選択します。

  6. iPod のディスクアイコンが、デスクトップと Finder のウインドウ、および Windows では「マイ コンピュータ」/「コンピュータ」に表示されます。このアイコンをダブルクリックし、iPod のウインドウとの間でファイルをドラッグしてデータをコピーします。
  7. 必ず iPod の取り出し操作を行ってから、iPod をコンピュータから取り外してくださいヒント:ディスクとしての使用が有効になると iPod の画面に「接続を解除しないでください」という意味のメッセージが表示されます (iPod shuffle の場合、iPod shuffle を取り出すまでステータスランプがオレンジ色に点滅し続けます)。これらのメッセージやランプは、まず iPod を取り出す必要があることを知らせています。


iPod からコンピュータに曲をコピーする

コンピュータ上の iTunes ライブラリには、お持ちの CD からエンコードした音楽や iTunes Store から購入したメディア (音楽、ビデオ、Podcast など) が格納されています。デフォルトでは、iTunes が自動的にライブラリ内のメディアを iPod にコピーするよう設定されています。iPod をハードディスクとして使っているときは、iTunes によって iPod にコピーされるメディアは Finder や「マイ コンピュータ」に表示されません。これは正常な動作です。Finder または「マイ コンピュータ」を使って、iPod から iTunes やその他のコンピュータに戻す方向でこれらのメディアファイルをコピーすることはできません。iPod とコンピュータの間の同期は、常に iTunes から iPod への一方向のみで実行されます。ただし例外として、「購入したものを転送」機能 を使って iTunes のコンテンツを iPod からコンピュータに転送することはできます。

コンピュータ上にある iTunes ライブラリを消去してしまうと、Finder や「マイ コンピュータ」/「コンピュータ」を使ってメディアを iPod からコピーしてコンピュータ上のライブラリを再構築することはできません。唯一の解決方法は、もう一度お持ちの CD から曲をエンコードして、新しいライブラリと iPod を同期させることです。iTunes Store から購入したコンテンツは、iTunes in the Cloud を使って再度ダウンロードできることがあります。この機能で利用可能なコンテンツについて詳しくは、こちらの記事 を参照してください。

プレイリストや購入したコンテンツおよび購入していないコンテンツの復元に利用できる 「iTunes」フォルダおよび「iTunes Media」フォルダのバックアップ を持っているのが理想的です。

それでは、一方のコンピュータにある曲を、別のコンピュータに合法的にコピーしたい場合はどうでしょうか。iPod のハードディスクをその目的で使えるでしょうか。これについては、こちらの記事で、新しいコンピュータへの音楽の移動方法の 1 つとして検討しています。また、こちらの記事でも手順を紹介しています。

トラブルシューティング

iPod を別のコンピュータに接続する場合には、ほかのコンピュータ上の iTunes ライブラリと同期しないようにしてください。これは、「音楽とビデオを手動で管理」の代わりに「ディスクとして使用する」オプションを選択した場合にのみ当てはまります。

警告ウインドウ:「この iPod はほかの iTunes ライブラリと同期しています。1 つの iPod は一度に 1 つの iTunes ライブラリとしか同期できません。どうしますか?」

注意:iPod shuffle (または「ディスクとして使用する」を選択した iPod) を別のコンピュータに接続する場合は、iPod が iTunes に表示されないので、「マイ コンピュータ」/「コンピュータ」、または Finder ウインドウから iPod の取り出しを行う必要があります。

iPod を右クリック (Mac の場合は「control」キーを押しながらクリック) して、ショートカットメニューから「取り出し」を選択します。

Windows パソコンで iPod をディスクとして使用する場合は、FAT32 ファイルシステムでは収納できるファイルの最大サイズが 4 ギガバイトであることにご注意ください。iPod にどれだけの空き容量があるかに関係なく、その大きさを超えるファイルはコピーできません。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: