ディスクユーティリティでディスクのアクセス権を修復する

OS X Yosemite 以前では、ディスクユーティリティを使って、起動ディスク上のファイルのアクセス権を修復できます。

アクセス権とはファイルに対する設定のことで、そのファイルを読み取る、書き込む、または実行する (開くまたは実行する) ことができるかどうかは、この設定によって左右されます。ファイルのアクセス権の設定が正しくなくなれば、そのファイルを使うソフトウェアが正常に動作しなくなることもあります。ファイルのアクセス権は、「情報を見る」ウインドウの「共有とアクセス権」セクションで確認できます。

OS X El Capitan からは、システムファイルのアクセス権は自動的に保護されるようになりました。ディスクユーティリティでアクセス権を検証したり修復したりする必要はなくなりました。

OS X Yosemite 以前では、以下の手順を実行してください。

  1. ディスクユーティリティを開きます (「アプリケーション」フォルダ内の「ユーティリティ」フォルダにあります)。
  2. ボリュームのリストから起動ディスクを選択します。
  3. 「First Aid」タブをクリックします。
  4. アクセス権を確認するには、「ディスクのアクセス権を検証」をクリックします。アクセス権を修復するには、「ディスクのアクセス権を修復」をクリックします。

ディスクユーティリティは、ファイルに対応するレシートファイルが「/var/db/receipts」にある場合に限り、そのファイルのアクセス権を調べます。このレシートファイルを基に、ディスクユーティリティはアクセス権を判断します。インストーラによっては、ファイルをインストールする際にそのファイルのレシートは追加しないものがあります。

 

公開日: