フォトライブラリを移動して Mac の容量を節約する

フォトライブラリを別のドライブに移動して、Mac の容量を節約する方法をご案内します。

フォトライブラリには、写真、アルバム、スライドショー、プリントプロジェクトがすべて入っています。フォトライブラリが大きくなり、Mac のストレージ容量を解放する必要ができた場合は、フォトライブラリを外付けのドライブに移動できます

以下の手順を実行する前に、フォトライブラリのバックアップを作成しておいてください。バックアップには Time Machine を使うか、または、ライブラリを手動で外付けのストレージデバイスにコピーします。

また、Mac の容量を解放する方策として、iCloud フォトライブラリを使って、ストレージを最適化することもできます。最適化すると、写真やビデオの原本が iCloud に保管され、Mac には小さいプレビュー画像だけが残ります。注:iCloud フォトライブラリにはネットワークドライブとの互換性がありません。

ドライブの準備をする

MacOS 拡張 (ジャーナリング) でフォーマットした USB ドライブ、FireWire ドライブ、Thunderbolt ドライブなどの外付けのストレージデバイスにライブラリを保管できます。Apple では、SD カードや USB フラッシュドライブといった外付けのストレージデバイス、またはネットワーク上の共有ドライブにフォトライブラリを保存することは推奨していません。

Time Machine バックアップに使っているディスクにライブラリを保存することはできません。

フォトライブラリを外付けのストレージデバイスに移動する

  1. macOS 用の写真 App を終了します。
  2. Finder で、ライブラリを保存する外付けのドライブに移動します。
  3. 別の Finder ウインドウを開いて、フォトライブラリを探します。デフォルトの場所は「ユーザ」>「[ユーザ名]」>「ピクチャ」です。「写真 Library.photoslibrary」という名前が付いています。Finder のサイドバーに「ピクチャ」フォルダを表示しておけます。「Finder」>「環境設定」>「サイドバー」の順に選択し、「ピクチャ」チェックボックスを選択してください。
  4. フォトライブラリを外付けドライブ上の新しい場所にドラッグします。エラーが表示される場合は、Finder で外付けドライブのアイコンを選択し、「ファイル」>「情報を見る」の順に選択してください。「共有とアクセス権」の下に情報が表示されていない場合は、詳細表示三角形 をクリックし、「このボリューム上の所有権を無視」チェックボックスが選択されていることを確認します。選択されていない場合は、鍵のアイコン をクリックしてロックを解除し、管理者の名前とパスワードを入力してからチェックボックスを選択します。
    ボリュームが MacOS 拡張 (ジャーナリング) でフォーマットされていない場合や、Time Machine バックアップに使われていて消去済みでない場合、このチェックボックスは表示されないか、ロック解除後に選択不能になります。このオプションを使うには、そのドライブを消去し、再フォーマットする必要があります。
  5. 移動が終わったら、新しい場所にあるフォトライブラリをダブルクリックして開きます。
  6. iCloud フォトライブラリをお使いの場合は、このライブラリをシステムフォトライブラリとして指定して、ほかの App のメディアブラウザや iCloud フォトライブラリで使えるようにしておく必要があります。

別のフォトライブラリを選択する場合は、以下の点に注意してください。

  • 新しいシステムフォトライブラリを指定し、iCloud フォトライブラリを再び有効にすると、Mac の写真やビデオが、iCloud フォトライブラリにすでにアップロードしてある写真やビデオと統合されます。
  • 上記の手順を繰り返して別のライブラリを選択するまでは、写真 App では、同じライブラリが引き続き使われます。
  • 共有のフォトライブラリを開けるユーザは 1 人だけです。別のユーザが開こうとすると、ライブラリは使用中だという警告メッセージが表示されます。先に使っているユーザアカウントで写真 App を終了しないと、次のユーザは同じライブラリを表示または編集できません。
  • iCloud フォトライブラリをお使いの場合、複数のユーザアカウント間でフォトライブラリを共有することはできません。複数のユーザアカウント間でライブラリを共有できるのは、iCloud フォトライブラリを使っていない場合に限られます。

関連情報

フォトライブラリに関してアクセス権の問題が生じた場合は、フォトライブラリの修復ツールを使って問題を解決できることがあります。

公開日: