複数のユーザでフォトライブラリを共有する

macOS 用の写真 App や iPhoto で、複数のユーザで 1 つのフォトライブラリを共有し、共同で編集する方法について説明します。

フォトライブラリをバックアップする

以下の手順を実行する前に、フォトライブラリのバックアップを作成しておいてください。バックアップには Time Machine を使うか、または、ライブラリを手動で外付けのストレージデバイスにコピーします。

フォトライブラリを外付けのドライブに移動する

フォトライブラリを共有するには、そのライブラリを「所有権を無視」が有効になっているボリュームに移動しておく必要があります。

複数のユーザで同じライブラリを使おうとしていて、そのライブラリが置いてあるボリュームで所有権が無視されていない場合は、予期しない結果を招くことがあります。たとえば、特定の写真を表示または編集できなかったり、ライブラリを開けなかったりする場合が考えられます。以下の手順にそって、ライブラリへの読み/書き可能アクセス権が各ユーザに割り当てられているか確認してください。

  1. ライブラリを保存できる空き容量がある外付けの USB ドライブ、FireWire ドライブ、または Thunderbolt ドライブを接続します。
    ローカルでマウントされたドライブを選択してください。ライブラリをネットワーク共有に保存すると、パフォーマンスの低下や、データの破損/損失につながる恐れがあります。
  2. Finder で上記のドライブを選択します。
  3. 「ファイル」>「情報を見る」の順に選択します。
  4. 「情報」ウインドウで、「共有とアクセス権」セクションを探します。「共有とアクセス権」の横にある詳細表示三角形をクリックしないと、このセクションの詳細情報が表示されない場合があります。 
  5. 「情報」ウインドウの右下隅のカギのアイコンをクリックします。管理者名とパスワードを求められたら入力します。
  6. 「このボリューム上の所有権を無視」オプションを選択します (通常はデフォルトで選択されています)。
    このボリュームを Time Machine バックアップ用としてすでに選択している場合は、所有権を無視するオプションは選択できません。共有ライブラリの保存先としては、Time Machine で使っていないボリュームを選択してください。
    外部 HD の情報
  7. ライブラリを上記のドライブにコピーします。デフォルトでは、写真 App や iPhoto のライブラリはホームフォルダ内の「ピクチャ」フォルダに入っています。

写真 App や iPhoto でライブラリを選択する

フォトライブラリを外付けのドライブに移動した後で、そのライブラリを写真 App や iPhoto で使うように選択できます。

  1. 「option」キーを押しながら写真 App または iPhoto を開きます。
  2. 利用できるフォトライブラリのリストが表示されます。新しい場所に移動したライブラリを選択し、「ライブラリを選択」をクリックします。
    正しいライブラリを確実に選択できるよう、ライブラリのリストの下に表示されるパスを確認してください。ライブラリの移動先の外付けディスクの名前もこのパスに含まれているはずです。
  3. 移動したライブラリがリストに表示されない場合は、「その他のライブラリ」をクリックして、ファイルの選択ダイアログで探します。
  4. 写真 App をお使いの場合は、このライブラリをシステムフォトライブラリとして指定して、ほかの App のメディアブラウザや iCloud フォトライブラリで使えるようにしておく必要があります。

別のフォトライブラリを選択する場合は、以下の点に注意してください。

  • (上記の手順 4 で) 新しいシステムフォトライブラリを指定し、iCloud フォトライブラリを再び有効にすると、Mac の写真やビデオが、iCloud フォトライブラリにすでにアップロードしてある写真やビデオと統合されます。
  • 写真 App や iPhoto は、上記の手順を繰り返して別のライブラリを選択するまでは、同じライブラリを使い続けます。
  • 共有のフォトライブラリを開けるユーザは 1 人だけです。別のユーザが開こうとすると、ライブラリは使用中だという警告メッセージが表示されます。先に使っているユーザアカウントで写真 App または iPhoto を終了しないと、次のユーザは同じライブラリを表示または編集できません。

関連情報

公開日: