iOS 12 以前で「友達を探す」を設定して使用する

iOS 12 以前では、「友達を探す」を使って、友達や家族が今どこにいるかを iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch、iCloud.com から簡単に見つけることができます。iOS 13 以降では、「探す」App を使うか、watchOS 6 以降の「人を探す」App を使います。 

iOS 13、iPadOS、macOS Catalina 以降では、「iPhone を探す」と「友達を探す」が 1 つにまとまって、「探す」App になりました。まず、「探す」App を設定し、「[デバイス] を探す」を有効にしておきましょう。watchOS 6 以降を搭載した Apple Watch をお使いの場合は、「人を探す」App を使って、自分の位置情報を友達や家族と共有できます。

はじめに

「友達を探す」を設定する

iOS 9 〜 12 を搭載した iPhone、iPad、iPod touch には、「友達を探す」が自動的にインストールされます。iOS 8 をお使いの場合は、「友達を探す」(無料) を App Store からインストールしてください。お使いのデバイスで iCloud にサインインすると、「友達を探す」にも自動的に Apple ID でサインインします。

Apple Watch で「友達を探す」の通知を受け取りたい場合は、iPhone の Apple Watch App で設定できます。「マイウォッチ」タブを開き、「通知」をタップして下にスクロールし、「友達を探す」をタップして、「iPhone の通知を反映」をタップしてオンに切り替えます。watchOS 4 または 5 をお使いの場合は、Apple Watch から通知を有効にすることもできます。「設定」>「一般」>「位置情報サービス」の順に選択します。「位置情報を共有」をオンにします。

「友達を探す」は、iCloud.com でも使えます。ファミリー共有と併用して、家族と位置情報を共有することもできます。

位置情報の共有は韓国ではサポートされていません。その他の地域でも、現地法の定めに従い、ご利用いただけない場合があります。 

友達を追加する

「友達を探す」を使うには、友達にも各自のデバイスで「友達を探す」をオンにしておいてもらう必要があります。友達を追加できるのは、iPhone、iPad、iPod touch の「友達を探す」からだけです。

  1. 「友達を探す」を開きます。
  2. 「追加」をタップします。
  3. 友達を選択するか、友達のメールアドレスを入力して「送信」または「完了」をタップすると、リクエストが送信されます。

位置情報を共有することに友達が同意してくれたら、相手の位置情報が、「友達を探す」App または iCloud.com のリストや地図上に表示されるようになります。

必要に応じて、友達にリクエストを送信する際に使うメールアドレスを選択できます。

  • iPhone または iPod touch では、「自分」>「送信アドレス」の順にタップします。
  • iPad では、「すべての友達」>「自分」>「情報」>「送信アドレス」の順にタップします。

友達からリクエストを受けたくない場合は、以下の手順で設定してください。

  • iPhone または iPod touch では、「自分」>「招待」で「友達リクエストを許可」をオフにします。
  • iPad では、「すべての友達」>「自分」>「招待」で「友達リクエストを許可」をオフにします。

iCloud.com の「友達を探す」では、友達とその位置情報を表示するか、自分の位置情報を共有するかどうかを切り替えることしかできません。友達を追加するには、iOS デバイスをお使いいただく必要があります。

   

自分の位置情報を知らせない

自分の所在地を友達から隠したり、位置情報の共有をやめたりできます。以下の要領で行ってください。

   

「友達を探す」を開いて、「自分」をタップします。「自分の位置情報を共有」をオフにします。

 

   

「完了」をタップします。画面の下部の「自分」のそばに「位置情報を共有していません」と表示されます。

 

位置情報の共有をやめる

「友達を探す」で自分の位置情報を友達に今後知らせたくない場合は、iOS デバイスまたは iCloud.com の「友達を探す」App から共有を停止できます。友達の所在地は依然として表示されますが、友達がこちらを探したときには「位置情報を共有していません」と表示されます。

iPhone、iPad、iPod touch の場合:

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」の順に選択します。
  2. iOS 12 をお使いの場合は、「位置情報を共有」をタップします。それ以前のバージョンの iOS をお使いの場合は、「iCloud」>「位置情報を共有」の順にタップします。
  3. 「位置情報を共有」をオフにします。

iCloud.com の場合:

  1. iCloud.com にサインインして、「友達を探す」を開きます。
  2. 「自分」を選択します。
  3. 「自分の位置情報を共有」の選択を解除します。

   

   

「友達を探す」を複数のデバイスで使う

自分で所有しているどの iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch からでも「友達を探す」を使えます。ただし、自分の位置情報をフォロワーに知らせることができるのは、1 台の iOS デバイスと、ペアリングしてあるセルラーモデルの Apple Watch だけです。「友達を探す」で、そのデバイスを使用中のデバイスに切り替えることができます。

  • iPhone または iPod touch では、「自分」をタップし、「自分の位置情報を共有」の下で「このデバイス」をタップします。
  • iPad では、「すべての友達」>「自分」>「情報」の順にタップし、「自分の位置情報を共有」の下で「このデバイス」をタップします。

「自分の位置情報を共有」は、複数のデバイスで「友達を探す」「探す」「人を探す」にサインインしているときのみ表示されます。

位置情報のリクエストを送信する/承認する

友達から、位置情報をフォローさせてほしいというリクエストが届く場合があります。ほかの人からのリクエストを承認すると、自分の位置情報をその人が確認できるようになります。その人の位置情報をこちらからも確認したい場合は、その人にリクエストを送り、承認してもらう必要があります。

自分がフォローしていない友達からのリクエストを承認した場合、その友達にフォローのリクエストが自動的に送信されます。

友達とフォロワーの上限

  • 最大 100 人の友達をフォローできます。
  • 最大 100 人の友達からフォローしてもらえます。

関連情報

自分の位置情報がデバイスから送信されるのは、位置情報を確認したいというリクエストが誰かから送られてきたときだけです。定期的に位置情報が送信されるわけではありません。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

iOS 13 以降で「iPhone を探す」が見つからない場合

iOS 13 以降で「友達を探す」が見つからない場合

公開日: