起動時に自動的にログインするように Mac を設定する

macOS ユーザアカウントの自動ログインを有効にすると、Mac の起動時にそのアカウントに自動的にログインします。

自動ログインのアカウントを選択する

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「ユーザとグループ」をクリックします。
  2. 鍵のアイコン  をクリックし、アカウントのパスワードを入力します。
    管理者としてログインしていない場合は、管理者の名前とパスワードの入力を求められます。
  3. 左下隅の「ログインオプション」をクリックします。
  4. 「自動ログイン」メニューからアカウントを選択し、そのアカウントのパスワードを入力します。

このアカウントが、Mac の起動時に自動ログインするように設定されます。ログアウトした後、別のユーザアカウントから切り替えた後、画面をロックした後は、依然として手動でログインするように求められます。

自動ログインを設定できない場合

手動ログインが必須の場合は、「自動ログイン」メニューがグレイ表示になるか、このメニューにアカウント名が表示されません。たとえば、以下のようになります。

  • FileVault が有効になっている場合は、すべてのアカウントで手動ログインが必須になります。FileVault を無効にすることで対処できます。
  • アカウントでログイン時に iCloud のパスワードを使っている場合、そのアカウントでは手動ログインが必須です。「ホームフォルダが暗号化されているユーザは自動的にログインできません」というメッセージが表示されることもあります。アカウントのパスワードを変更する際に、iCloud パスワードを使わないようにすることで対処できます。


スリープやスクリーンセーバの開始後にログインする

Mac のスリープを解除する際や、スクリーンセーバーを停止する際に、依然としてパスワードの入力が必要とされる場合があります。この動作は、以下の手順で変更できます。

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「セキュリティとプライバシー」をクリックします。
  2. 「一般」パネルで、「スリープとスクリーンセーバの解除にパスワードを要求」の選択を解除します。または、選択したままにしておいて、ポップアップメニューから時間間隔を選択します。
公開日: