「Made for iPhone」補聴器を使う

「Made for iPhone」補聴器を使えば、iPhone、iPad、iPod touch の音声がクリアに聞こえます。「Made for iPhone」補聴器を iOS デバイスとペアリングする方法や操作する方法などをご案内します。

「Made for iPhone」補聴器を使うには、iOS 7 以降を搭載した以下のいずれかのデバイスが必要です。

  • iPhone 4s 以降
  • iPad Pro
  • iPad Air 以降
  • iPad (第 4 世代)
  • iPad mini 以降
  • iPod touch (第 5 世代) 以降

お使いの iOS デバイスと互換性がある補聴器を確認するには、こちらを参照してください。

ペアリングして接続する

お使いの iOS デバイスと「Made for iPhone」補聴器をペアリングすると、iOS デバイスから流れる音声が補聴器から聞こえてきます。補聴器の電源を切った場合、もう一度 iOS デバイスで使う際には再接続する必要があります。

補聴器をペアリングするには、以下の手順を実行してください。

  1. 補聴器のバッテリードアを開けます。
  2. iOS デバイスで、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「聴覚サポート」>「MFi 補聴器」の順にタップします。
  3. Bluetooth がオフの場合は、「デバイス」の下でオンにします。
  4. 補聴器のバッテリードアを閉じます。iOS デバイスで補聴器が検索されます。
  5. 「デバイス」の下のお使いの補聴器名をタップします。
  6. 画面にペアリングの要求メッセージが表示されたら、「ペアリング」をタップします。補聴器が 2 つある場合は、要求も 2 つ表示されます。ペアリングには 1 分ほどかかることがあります。

「デバイス」の下の補聴器名にチェックマークが表示されたら、補聴器を使い始めることができます。「ロック画面からのコントロール」がオンになります。ロック画面から (ショートカットを使って)、およびコントロールセンターから補聴器を操作できるように、このオプションはオンのままにしておきます。

     

複数のデバイスとペアリングする

補聴器を複数の iOS デバイスとペアリングしている場合、補聴器の接続先は、オーディオの使用時に 1 台のデバイスからほかのデバイスに切り替わります。iPhone に電話がかかってきたときも接続が切り替わります。1 台のデバイスで補聴器の設定を変更すると、ほかの iOS デバイスにもその設定変更が反映されます。 

別の iOS デバイスとペアリングするには、以下の手順を実行してください。

  1. すべての iOS デバイスが同じ Wi-Fi ネットワークに接続されていて、同じ Apple ID で iCloud にサインインしていることを確認します。
  2. 補聴器のペアリング手順を実行します。

補聴器の電源を入れたら接続する

補聴器の電源を切ると、iOS デバイスから接続が解除されます。補聴器の電源を入れたら、バッテリードアを開閉して、再度接続します。

MFi 補聴器を操作する

iOS デバイスを使って、補聴器のバッテリー残量を表示する、音量を調節する、ライブ再生機能をオンするなど、さまざまな操作ができます。補聴器を操作するには、「設定」または「ショートカット」を使います。

iOS で操作する機能について設定するには、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「聴覚サポート」の順に選択し、「MFi 補聴器」をタップします。

着信音を再生
接続した補聴器から着信音を再生できます。

オーディオルーティング
オーディオ再生用のデフォルトのデバイスを選択します。

近くのデバイスを操作
iOS デバイスを使って、同じ Wi-Fi ネットワークに接続されていて、iCloud アカウントに紐付けられている補聴器の設定を調整できます。

オーディオ Handoff
iOS デバイスを切り替えても、補聴器でメディアの視聴を続けられます。たとえば、iPhone に補聴器が接続されていて、iPad で映画の視聴を始めた場合、補聴器が自動的に iPad に切り替わります。

ロック画面からのコントロール
iOS デバイスのロック画面から直接、補聴器のプリセットや音量をすばやく調整できます。ホームボタンを 3 回クリックしてください。

     

「設定」画面で補聴器の名前をタップして、以下の操作も行えます。

  • バッテリー残量を表示する
  • 片方または両方の補聴器の音量レベルを調節する
  • オーディオプリセットを選択する
  • ライブ再生機能をオンにする
  • 補聴器のペアリングを解除する

ショートカットを使って補聴器を操作する方法については、こちらの記事を参照してください。

関連情報

その他の補聴器の互換性については、こちらの記事を参照してください。

互換性のある補聴器

Audibel

  • A3i
  • A4i

 

Audigy

  • AGXsp
  • AGXsp 2
  • AGXR

 

Audika

  • First
  • Legend

 

Auris

  • Øre

 

Beltone

  • Beltone Boost
  • Beltone First
  • Beltone Legend
  • Beltone Boost Plus
  • Beltone Silk
  • Beltone Trust

 

Bernafon

  • Zerena

 

Cochlear

  • Baha 5
  • Baha 5 Power
  • Baha 5 SuperPower
  • Nucleus 7 Sound Processor

 

Concept

  • Complete

 

Danavox

  • Danavox Aio
  • Danavox Gala
  • Danavox Logar

EarLens

  • EarLens Processor

 

eMeritus

  • eMeritus

 

HearFocus

  • HearFocus

 

Intela-Hear

  • Atom

 

Interton

  • Centro

 

Kind

  • KINDnido

 

Kirkland Signature

  • KS 6.0

 

MicroTech

  • Kinnect
  • Kinnect 2

 

NuEar

  • iSDS
  • iNOW

 

Optima

  • Deuce

 

Oticon

  • Opn

 

ReSound

  • ReSound Cala
  • ReSound ENZO
  • ReSound ENZO2
  • ReSound ENZO 3D
  • ReSound Forte
  • ReSound Lancio
  • ReSound LiNX
  • ReSound LiNX TS
  • ReSound LiNX2
  • ReSound LiNX 3D
  • ReSound Sola
  • ReSound SOUSA Fine
  • ReSound Up Smart

 

Signia

  • Motion BT
  • Pure BT

 

Sonic

  • Enchant

 

Starkey

  • Halo
  • Halo 2

 

TruHearing

  • Flyte

 

Udisens

  • Udisens

 

Udio Finissimo

  • Udito Finissimo

 

Widex

  • Aquitis
  • Beyond
  • EarQ
  • Grand Audition

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: