ワイヤレス (Over The Air) で iOS をアップデートできない場合

iPhone、iPad、iPod touch をワイヤレス (OTA:Over The Air) でアップデートできない場合は、次のいずれかの理由が考えられます。

  • デバイス上の空き容量が不足している
  • アップデートのダウンロードに時間がかかる
  • アップデートサーバに接続できない
  • アップデートが終わらない

アップデートに必要な空き容量が不足している場合

アップデートをダウンロードしてインストールするための空き容量が不足している場合、自動的に容量の確保が試みられます。その際、後から再ダウンロードできる App のデータしか削除されません。また、ユーザのデータが削除または移動されることもありません。それでもデバイスの空き容量が不足している場合は、コンピュータを使ってデバイスをアップデートできます。

デバイスをコンピュータに接続できない場合、デバイス上の使っていないコンテンツや App を削除することで、アップデート用に空き領域を確保することができます。「設定」>「一般」>「[デバイス名] ストレージ」の順に選択します。

App やコンテンツのストレージ消費量について詳しくは、こちらの記事を参照してください。


ダウンロードに時間がかかる場合

デバイスをアップデートするには、インターネット接続が必要です。アップデートのダウンロードにかかる時間は、アップデートのサイズやインターネットの速度によって異なります。アップデートのダウンロード中も通常通りにデバイスを使えます。インストールできるようになったら通知が表示されます。ダウンロードの速度を上げるには、ほかのコンテンツのダウンロードを控えるか、可能であれば Wi-Fi ネットワークをお使いください。


アップデートサーバに接続できない場合やアップデートを検証できない場合

デバイスをアップデートしようとしたときに、以下のいずれかのメッセージが表示されることがあります。

「アップデートを確認できません。ソフトウェア・アップデートの確認中にエラーが起きました」
 

「アップデートを検証できません。インターネットへの接続が解除されているため、[ソフトウェア] を検証できませんでした」
 

同じネットワークを使ってデバイスのアップデートをもう一度試してください。依然として上記いずれかのメッセージが表示される場合は、別のネットワークを使ってデバイスをアップデートしてみます。または、コンピュータを使ってデバイスをアップデートしてください。複数のネットワークでアップデートを試しても問題が解決しない場合は、アップデートを削除してください。

iOS および iPadOS のアップデートについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。


アップデートが終わらない場合

アップデートのインストール中に、進行状況バーが遅々として進まないように見えることがあります。アップデートにかかる時間は、アップデートのサイズとデバイス上のファイル数によって変わります。

OTA (Over The Air) でアップデートする場合は、デバイスを電源に接続したままにしておいてください。デバイスのバッテリーが切れた場合は、デバイスを電源に接続し、デバイスの電源を入れて、アップデートまたは復元が完了するのを待ちます。

アップデートがいつまでも終わらず、進行状況バーが長時間止まったままの場合は、デバイスを再起動してみます。デバイスがフリーズしている様子の場合や、起動しない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。


アップデートを削除して再びダウンロードする

iOS や iPadOS の最新バージョンを依然としてインストールできない場合は、アップデートをもう一度ダウンロードしてみてください。

  1. 「設定」>「一般」>「[デバイス名] ストレージ」の順に選択します。
  2. App のリストの中からアップデートを探します。
  3. アップデートをタップして、「アップデートを削除」をタップします。
  4. 「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」の順に選択し、最新のアップデートをダウンロードします。

App のリストにアップデートが表示されない場合や、問題が再発する場合は、コンピュータの Finder または iTunes を使ってデバイスをアップデートする必要があります。

公開日: