AirMac:古い WEP または WPA セキュリティメカニズムを使って接続したときの 802.11n 接続の速度が遅い

802.11n に対応したコンピュータまたはほかのデバイスを 802.11n ルーターや Wi-Fi ベースステーションに無線接続しているのに、データ転送速度が 54 Mbps を下回る場合の対処法について説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

802.11n に対応するコンピュータやその他のデバイスを 802.11n ルーターや Wi-Fi ベースステーションに無線接続している状況で、信号が強い様子であるにもかかわらず、転送速度が 54 Mbps (メガビット/秒) を超えないことがあります。この現象は、ルーターや Wi-Fi ベースステーションのパスワード認証方式が WEP または WPA の場合に限り起こります。

これは、正常です。WEP または WPA (TKIP) 認証を使う場合、802.11n の最大転送速度は 54 Mbps であり、これは IEEE 802.11n 規格で定められています。

802.11n の最大転送速度で運用するには、必ずルーターまたは Wi-Fi ベースステーションで WPA2 を使うように設定するか、パスワード認証をしないように設定します。セキュリティ上の理由から、Wi-Fi ベースステーションを設定する際は、「WPA2 パーソナル」を選択することをお勧めします。

:AirMac ユーティリティでは、802.11n のオプションとして WEP または WPA を選択することはできません。一般的な自宅用には、「WPA/WPA2 パーソナル」または「WPA2 パーソナル」しか選択できません。

  • 「WPA/WPA2 パーソナル」では、ユニキャストデータ (コンピュータなど 1 台のデバイスに向けられたデータ) については 802.11n の最大転送速度が実現されますが、マルチキャストデータ (複数のデバイス) については転送速度は 54 Mbps となります。
  • 「WPA2 パーソナル」は、802.11n の最大転送速度を実現できるため、推奨オプションです。

重要:他社製のルーターについては、正しい設定を確認してください。一部の他社製のデバイスは WPA2 に対応していない場合があります。詳しくはメーカーにお問い合わせください。ネットワークがセキュリティメカニズムを使わない設定や WPA2 を使う設定になっているのに、最大転送速度が 54 Mbps の場合は、設定に問題があるか、または、外部からの影響 (信号強度が弱い、無線周波数が干渉しているなど) が原因として考えられます。Wi-Fi ベースステーションの詳細およびサポートについては、AirMac と Time Capsule のサポートページを参照してください。

公開日: