セキュリティアップデート 2007-009 v1.1 について

この記事では、システム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」またはソフトウェア・アップデートからダウンロードしてインストール可能なセキュリティアップデート 2007-009 v1.1 について説明します。

Apple では、ユーザ保護の観点から、徹底した調査が完了し必要なパッチやリリースが利用可能になるまで、セキュリティの問題に関して公開、説明または承認を行いません。Apple 製品のセキュリティの詳細については、アップル製品のセキュリティを参照してください。

Apple 製品のセキュリティの PGP キー情報については、「Apple Product Security PGP キーの使用方法」を参照してください。

また、可能な場合は CVE ID を使うと、脆弱性に関する詳しい情報をご確認いただけます。

その他のセキュリティアップデートについては、「Apple セキュリティアップデートについて」を参照してください。

セキュリティアップデート 2007-009 v1.1


セキュリティアップデート 2007-009 v1.1 では、Safari で特定の Web サイトを閲覧すると予期せず Safari が終了するというセキュリティアップデート 2007-009 で公開されている問題を解決しています。

セキュリティアップデート 2007-009 で提供されているセキュリティコンテンツに変更はありません。セキュリティアップデート 2007-009 およびセキュリティアップデート 2007-009 v1.1 に関するセキュリティコンテンツは、こちらから入手可能です。

Safari の問題を解決するには、セキュリティアップデート 2007-009 の上にセキュリティアップデート 2007-009 v1.1 をインストールすることをお勧めします。

システムにセキュリティアップデート 2007-009 がまだインストールされていなければ、セキュリティアップデート 2007-009 v1.1 のみをインストールしてください。

公開日: