iOS 用 iPhoto から iOS 8 の写真アプリケーションへの移行

iOS 用 iPhoto は、iOS 8 以降を搭載したデバイスではサポートされていません。iPhoto のデータを写真アプリケーションに移行する方法を説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

移行方法

iOS 用 iPhoto のデータを写真アプリケーションに移行するには、iPhoto App をタップします。すると、「データを iPhoto から "写真" に移行してください」というダイアログが表示されます。

「移行」をタップすると、移行プロセスが開始します。「キャンセル」を選択した場合、ダイアログは閉じますが、次回「iPhoto」アイコンをタップすると再び表示されます。移行プロセスが始まると、写真アプリケーションが開いて進行状況バーが表示されます。

重要:データの移行が確実に終わるまで、デバイスから iPhoto を削除しないでください。データを移行できなくなります。 

 

写真アプリケーションに移行されるもの

次のデータが iPhoto から写真アプリケーションに移行します。

  • iPhoto ライブラリにあり、写真アプリケーションにはまだない写真が追加されます。 
  • iPhoto で適用した画像調整が写真アプリケーションに反映されます。
  • iTunes を使って iOS デバイスに同期している写真に画像調整を適用した場合、写真アプリケーションでは、写真ごとに調整適用済みの複製が 1 つずつ作成されます。 
  • iPhoto で非表示の写真は、写真アプリケーションの「年別」「モーメント」または「コレクション」表示で表示されませんが、「非表示」というタイトルのアルバムに配置されます。
  • フォトブック、Web ジャーナル、およびスライドショーは、写真アプリケーションでは通常のアルバムに変換されます。テキストおよびレイアウトは保持されません。 
  • 移行を実行しているデバイスで作成されたプロジェクトのみが変換されます。iCloud を使ってほかのデバイスから iPhoto に同期していたプロジェクトは、そのプロジェクトの作成元のデバイスから変換する必要があります。
  • iPhoto で「お気に入り」としてマークされた写真は、写真アプリケーションでも「お気に入り」としてマークされます。 
  • iPhoto のタグやキャプションは、写真アプリケーションでは表示されませんが、検索語として使うことができます。それぞれ、写真アプリケーションの検索結果で「キーワード」および「タイトル」として表示されます。
  • iPhoto のフラグは、「フラグ付き」というキーワードに変換されます。

 

iPhoto で編集した写真の処理

iPhoto で編集した写真は、画像調整後のそのままの状態で写真アプリケーションに移行しますが、そうした調整を引き継いでさらに編集することはできません。編集後の画像にあらためて別の調整を施すか、または「オリジナルに戻す」コマンドを使って iPhoto で適用した調整内容を完全に取り除くことができます。

公開日: