Apple Remote Desktop 3.7.1 について

Apple Remote Desktop 3.7.1 について説明します。

Apple Remote Desktop 3.7.1 には、Remote Desktop アプリケーション用のアップデートとリモート管理対象のクライアント用のアップデートが含まれます。

アップデートする方法

Remote Desktop を Mac App Store から購入した場合、このアップデートは Mac App Store の「アップデート」タブから利用できます。Remote Desktop をディスクからインストールした場合は、ソフトウェア・アップデートにより自動的に更新することができます。また、サポートダウンロードから手動でダウンロードすることもできます。

クライアント用のアップデートは、ソフトウェア・アップデートにより自動的に入手できます。また、サポートダウンロードサイトから手動でダウンロードすることもできます。また、Remote Desktop 3.7.1 を使えば、「管理」>「クライアントソフトウェアをアップデート」の順に選択して、クライアントを 3.7.1 に更新することもできます。

システム条件

  • Remote Desktop 3.7.1 を使用するには、OS X Lion v10.7.5、Mountain Lion、または Mavericks が必要です。
  • Remote Desktop 3.7.1 アップデートをインストールするには Apple Remote Desktop 3.0 以降が必要です。
  • OS X Mavericks の場合は、Remote Desktop 3.7 以降が必要です。

変更点

アップデートでは、Remote Desktop アプリケーションの全体的な安定性と信頼性が向上しています。以下の改善点が含まれます。

  • OS X ファイアウォールが Remote Desktop の接続をブロックする問題を回避します。下記の追加情報を参照してください。
  • kickstart コマンドの信頼性を強化します。
  • 「制御と監視」環境設定の「フルスクリーンで表示」オプションを修正します。

関連情報

すでに Remote Desktop クライアントを 3.7 にアップデートしていて、OS X ファイアウォールサービスが原因で Remote Desktop クライアントにアクセスできなくなっている場合は、3.7.1 アップデートのインストール後にクライアントコンピュータを再起動してください。適切なファイアウォール規則が自動的に追加されて、そのクライアントに Remote Desktop 経由でアクセスできるようになります。

公開日: