「iPhone を探す」のアクティベーションロック

「iPhone を探す」には「アクティベーションロック」と呼ばれる機能が導入されています。たとえ iPhone、iPad、iPod touch が紛失や盗難に遭っても、ほかのだれかがそのデバイスを使えないように保護するしくみです。iOS 7 以降を搭載するデバイスで「iPhone を探す」をオンにすると、アクティベーションロックが自動的に有効になります。

「iPhone を探す」のアクティベーションロックが有効になると、下記のことを実行するときに必ず Apple ID とパスワードの入力を求められるようになります。

  • デバイス上で「iPhone を探す」をオフにする。
  • デバイスのデータを消去する。
  • デバイスを再アクティベートして使用する。

これで、デバイスが悪意のある第三者に渡ってもセキュリティが確保されるため、持ち主がデバイスを取り戻せる可能性が高くなります。たとえ持ち主がリモートでデバイスのデータを消去したとしても、第三者が持ち主の許可なしにデバイスを再アクティベートすることはできません。この機能は、「iPhone を探す」をオンにし、自分の Apple ID とパスワードを覚えているだけで活用できます。watchOS 2 から、アクティベーションロックを使って Apple Watch を保護できるようになりました。

以降では、iPhone、iPad、および iPod touch の「iPhone を探す」のアクティベーションに関してよくお問い合わせいただく質問とその回答をご紹介します。 

アクティベーションロックのしくみは?

iPhone、iPad、または iPod touch で「iPhone を探す」を有効にすると、Apple ID が Apple のアクティベーションサーバに安全に保存され、そのデバイスにリンクされます。この時点から、だれかがデバイス上で「iPhone を探す」をオフにしたり、デバイスのデータを消去したり、デバイスを再アクティベートして使おうとするときにパスワードが必要になります。

iOS 7 以降を搭載するデバイスで「iPhone を探す」を使うと、アクティベーションロックが自動的に有効になります。Apple 製のデバイスで「iPhone を探す」を設定できます。

デバイスを紛失したときはどうすればいいのですか?

デバイスを紛失したときは、単にどこかに置き忘れただけの場合でも、または盗まれたと思われる場合でも、すぐに「iPhone を探す」を使ってデバイスの「紛失モード」をオンにする必要があります。

「紛失モード」をオンにすると 6 桁または 4 桁のパスコードで画面がロックされ、持ち主の電話番号を記したカスタムメッセージを画面に表示させることができます。また、必要な場合はデバイスのデータをリモートで消去することもできます。デバイスのデータ消去後もカスタムメッセージは引き続き表示されます。

アクティベーションロックは、紛失したデバイスをほかのだれかが使用したり売却したりするのをバックグラウンドで防止します。これに対して「紛失モード」は、デバイスを見つけた人に対し、デバイスが持ち主のものであり、持ち主のパスワードがない限り再アクティベートはできないということを明確に表示します。

デバイスの「紛失モード」をオンにするには、Mac または Windows パソコンから icloud.com/find にサインインするか、「iPhone を探す」iOS App を使います。

デバイスを紛失したり盗まれたりした場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。

デバイスをだれかに譲渡する場合は「iPhone を探す」をオフにしておく必要がありますか?

はい。デバイスをだれかに譲渡する前に「iPhone を探す」をオフにし、相手が問題なくデバイスをアクティベートして使えるようにしておく必要があります。デバイスを譲渡する前にすべてのコンテンツと設定をデバイスから消去しておくことをお勧めします。これによってデバイスのデータが完全に消去され、「iPhone を探す」がオフになり、Apple ID アカウントからデバイスが削除されます。すべてのコンテンツと設定をデバイスから消去するには、iOS デバイス上で「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップします。

デバイスを売却または譲渡する前に済ませておくべき作業については、こちらの記事を参照してください。

デバイスを修理サービスに出す場合は「iPhone を探す」をオフにしておく必要がありますか?

はい。「iPhone を探す」がオンになっていると、技術者がデバイスを修理できないことがあります。

Apple ID のパスワードを忘れてしまった場合は?

パスワードを忘れてしまった場合は、Apple ID のアカウントページでパスワードをリセットするか、Apple サポートまでご連絡ください。

パスワードを忘れてしまい、パスワードをリセットすることもできない場合は、Apple ID にアクセスできなくなり、その結果、デバイスの使用や再アクティベートができなくなる可能性があります。これを防ぐには、定期的に Apple ID のアカウントページでアカウント情報を確認し、アップデートするようにしてください。

前の持ち主のアカウントにリンクされたままになっているデバイスを購入した場合は?

できるだけ早く前の持ち主に連絡し、デバイスのデータを消去してアカウントからデバイスを削除してもらってください。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

中古デバイスを購入する際にそのデバイスがアクティベーションロックされていないか確認するには?

Apple や Apple 製品取扱店以外から iPhone、iPad、iPod touch、または Apple Watch を購入する際には、デバイスのデータが消去されており、デバイスが前の持ち主のアカウントにリンクされていないことをご自分でご確認ください。

Mac または Windows パソコンで icloud.com/activationlock にアクセスすると、デバイスのアクティベーションロックの現在のステータスを確認できます。

または、以下の手順を実行して、購入するデバイスが使える状態になっていることを確認できます。

  1. デバイスの電源を入れ、スライドしてロック解除します。
  2. パスコードロック画面またはホーム画面が表示される場合、デバイスのデータは消去されていません。販売店に頼んで、「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップしてデバイスのデータを完全に消去してもらいます。データが完全に消去されるまでは中古の iPhone、iPad、iPod touch の所有権を引き継がないでください。
  3. デバイスの初期設定が始まります。
  4. 言語を選択し、国を選択して、ネットワークに接続した後、デバイスのアクティベーションが開始します。前の持ち主の Apple ID とパスワードの入力を求められる場合は、そのデバイスはまだ前の持ち主のアカウントにリンクされています。デバイスを販売店の店員に渡してパスワードを入力してもらいます。前の持ち主がその場にいない場合は、icloud.com/find にサインインして、アカウントからデバイスを削除してもらいます。前の持ち主のアカウントからデバイスが削除されるまでは中古の iPhone、iPad、iPod touch の所有権を引き継がないでください。

デバイスの電源をはじめて入れたときに「iPhone を設定」「iPad を設定」または「iPod を設定」の各画面が表示されれば、新しい持ち主 (あなた) がそのデバイスを使用できます。

「Mac を探す」にもアクティベーションロックがあるのですか?

アクティベーションロックは、iOS 7 以降を搭載した iPhone、iPad、または iPod touch と watchOS2 以降を搭載した Apple Watch でお使いいただけます。

最終更新日: