Mac でスクリーンショットを撮る方法

画面全体、ウインドウ、または画面の一部だけを取り込むことができます。

macOS Mojave 以降にアップグレードしている場合は、スクリーンショット App を使って、全種のスクリーンショットを撮り、画面の動画撮影もできます。スクリーンショット App を開くには、「shift + command (⌘) + 5」キーを押すか、Spotlight を使って App を検索し、開きます。

ほかのキーボードショートカット (「shift + command + 3」「shift + command + 4」など) も引き続き、すべてのバージョンの macOS で機能します。

macOS Mojave のスクリーンショットのコントロール

画面全体を取り込む

以下の説明にそって、「shift + command + 5」キーまたは「shift + command + 3」キーを押します。

macOS Mojave 以降

  1. キーボードの「shift + command + 5」キーを押して、撮影用のオンスクリーンコントロールを表示します。
    オンスクリーンの撮影用コントロール
  2. 「画面全体を取り込む」「画面全体を取り込む」ボタン をクリックします。ポインタの形状がカメラ に変化します。
  3. 画面上の任意の場所をクリックすると、そのディスプレイの画面が取り込まれます。または、「取り込む」をクリックすると、すべてのディスプレイの画面が取り込まれます。
  4. スクリーンショットのサムネールが画面の右下にしばらく表示されます。このサムネールを操作して、スクリーンショットを編集する、移動するなど、さまざまな処理を行えます。または、しばらくすると、スクリーンショットがデスクトップに表示されます。
      

すべてのバージョンの macOS

  1. 「shift + command + 3」キーを押すと、すべてのディスプレイの画面が取り込まれます。
  2. スクリーンショットがデスクトップに保存されます。 


ウインドウを取り込む

以下の説明にそって、「shift + command + 5」キーまたは「shift + command + 3」キーを押します。

macOS Mojave 以降

  1. 「shift + command + 5」キーを押して、撮影用のオンスクリーンコントロールを表示します。
  2. 「選択したウインドウを取り込む」「選択したウインドウを取り込む」ボタン をクリックします。ポインタの形状がカメラ に変化します。
  3. ウインドウをクリックして、そのウインドウを取り込みます。
    ウインドウの影をスクリーンショットに含めない場合は、「option」キーを押しながらクリックします。
  4. スクリーンショットのサムネールが画面の右下にしばらく表示されます。このサムネールを操作して、スクリーンショットを編集する、移動するなど、さまざまな処理を行えます。または、しばらくすると、スクリーンショットがデスクトップに表示されます。
      

すべてのバージョンの macOS

  1. 「shift + command + 4」キーを押します。
  2. スペースバーを押します。ポインタの形状がカメラ に変化します。
  3. ウインドウをクリックして、そのウインドウを取り込みます。
    ウインドウの影をスクリーンショットに含めない場合は、「option」キーを押しながらクリックします。
  4. スクリーンショットがデスクトップに保存されます。


画面の選択した部分を取り込む

以下の説明にそって、「shift + command + 5」キーまたは「shift + command + 3」キーを押します。

macOS Mojave 以降

  1. 「shift + command + 5」キーを押して、撮影用のオンスクリーンコントロールを表示します。
  2. 「選択部分を取り込む」「選択部分を取り込む」ボタン をクリックします。
  3. 画面の取り込みたい部分をドラッグして範囲選択します。選択範囲全体を移動するには、選択範囲の中からドラッグします。
  4. 「取り込む」をクリックします。
  5. スクリーンショットのサムネールが画面の右下にしばらく表示されます。このサムネールを操作して、スクリーンショットを編集する、移動するなど、さまざまな処理を行えます。または、しばらくすると、スクリーンショットがデスクトップに表示されます。
      

すべてのバージョンの macOS

  1. 「shift + command + 4」キーを押します。 
  2. 画面の取り込みたい部分をドラッグして範囲選択します。選択範囲全体を移動するには、スペースバーを押しながらドラッグします。
  3. マウスやトラックパッドのボタンから指を離すと、スクリーンショットがデスクトップに保存されます。


以下の説明にそって、「shift + command + 5」キーまたは「shift + command + 3」キーを押します。

macOS Mojave 以降

  1. メニューをクリックして内容を表示します。
  2. 以下のいずれかの方法でメニューを取り込みます。いずれも、「shift + command + 5」キーを使います。

すべてのバージョンの macOS

  1. メニューをクリックして内容を表示します。
  2. 「shift + command + 4」キーを押します。
    • メニューの取り込みたい部分をドラッグして範囲選択します。マウスやトラックパッドのボタンから指を離すと、その範囲が取り込まれます。
    • または、スペースバーを押してポインタの形状がカメラ に変わったら、メニューをクリックして取り込みます。
  3. スクリーンショットがデスクトップに保存されます。
      


Touch Bar を取り込む

Touch BarmacOS Sierra 10.12.2 以降を搭載した Mac をお使いの場合は、「shift + command + 6」キーを押すと、Touch Bar に表示されているものを取り込めます。スクリーンショットはデスクトップに保存されます。

また、Touch Bar のコントロールストリップをカスタマイズして、「スクリーンショット」ボタンを追加することもできます。


スクリーンショットのサムネールを使う

画面右下のサムネール
macOS Mojave 以降でスクリーンショットを撮ると、そのスクリーンショットのサムネールが画面の右下にしばらく表示されます。

  • そのままにしておくか、サムネールを右にスワイプすると、選択されている保存先 (デフォルトではデスクトップ上) にスクリーンショットが自動的に保存されます。
  • 「control」キーを押しながらサムネールをクリックすると、デフォルトの保存先を変更する、スクリーンショットを App で開く、スクリーンショットを保存せずに削除するなど、その他の操作内容を選択できます。
  • サムネールをドラッグして、スクリーンショットを別の場所 (書類、メール、Finder ウインドウ、ゴミ箱など) に移動できます。
  • サムネールをクリックすると、そのスクリーンショットが開きます。ツールバーのマークアップツールを使って、トリミングしたり回転させたり、注釈を付けたりなど、さまざまな編集処理を施せます。または、共有ボタン をクリックして、スクリーンショットを共有できます。


サムネールをクリックすると、編集ビューで開きます。ツールバーの各ボタンの上にポインタを置くと、それぞれの機能が表示されます。

サムネールを表示したくない場合は、オンスクリーンコントロールの「オプション」をクリックし、「フローティングサムネールを表示」オプションを使い、設定を変更してください。


関連情報

  • macOS Mojave 以降のスクリーンショットのコントロール群は、スクリーンショット App が提供元です。この App は「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダに入っています。この App は、以前のバージョンの macOS のグラブ App の後継です。
  • デフォルトでは、スクリーンショットは「スクリーンショット <日付> <時間>.png」という名前で保存されます。
  • スクリーンショットの撮影をキャンセルするには、「取り込む」をクリックする前に「esc」(Escape) キーを押します。
  • スクリーンショットを保存する代わりにクリップボードに入れるには、撮影する際に「control」キーを押しながらクリックします。クリップボードに入れたスクリーンショットは、書類、メッセージ、その他の場所にペーストできます。ユニバーサルクリップボードを使えば、別の Apple 製デバイスにペーストすることもできます。
  • プレビュー、Safari、画像の編集や表示に使えるその他の App で、スクリーンショットを開けます。プレビューでは、JPEG、PDF、TIFF などの別のフォーマットに書き出せます。
  • DVD プレーヤーなどの一部の App では、ウインドウのスクリーンショットを撮れない場合があります。
  • Mac で画面を収録する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • iPhone、iPad、iPod touch でスクリーンショットを撮る方法については、こちらの記事を参照してください。
公開日: