周辺が暗い状況で Apple 製ディスプレイの色や明るさを均一に保つ

周辺が暗い状況で IPS ディスプレイに暗い画像を映した場合に、ディスプレイの明るさが高く設定されていると、色や明るさに一部むらがあるように見える場合があります。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

IPS (In-Plane Switching) ディスプレイテクノロジーは先進のディスプレイの多くに使われていて、iMac、MacBook Pro Retina ディスプレイモデル、iPad、iPhone、iPod touch のディスプレイや、さらには Apple Cinema Display や Thunderbolt ディスプレイも IPS 方式です。IPS テクノロジーは、視野角が広く、色の再現も一貫しているため、見やすさが飛躍的に向上しました。全体的に高画質で映像を楽しめるようになり、複数の人数で同じ画面を見る場面など、さまざまな角度からコンテンツを眺める場合には IPS ディスプレイが最適です。

暗い部屋など、周辺光をあまり確保できない状況下で IPS ディスプレイで暗い映像を映す場合、ディスプレイの明るさを高く設定していると、一部の色や明るさが揃っていないように見えることがあります。これは、正常です。こうした作用を極力抑えるには、ディスプレイの明るさを低くしてください。

  • Mac では、システム環境設定の「ディスプレイ」でディスプレイの明るさを変更します。Apple () メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「ディスプレイ」をクリックしてください。Apple 製のキーボードをお使いの場合は、キーボードの明るさ調節キー 明るさを上げるアイコン を使って明るさを調整することもできます。Mac ディスプレイの輝度の調節方法については、こちらを参照してください。
  • iOS デバイスでは、コントロールセンターと「設定」>「画面表示と明るさ」でディスプレイの明るさを調整します。iPhone、iPad、iPod touch で明るさを調節する方法については、こちらの記事を参照してください。
公開日: