ワイヤレスネットワークに共通名 (SSID) を指定しない

ワイヤレスネットワークに共通名を指定すべきではない理由を説明します。

ワイヤレスネットワークに共通名を指定する場合、iOS デバイスのユーザはネットワーク内のアクセスポイントにはじめてアクセスする際、そのアクセスポイントにサインインする必要があります (2 回目以降 iOS デバイスはそのアクセスポイントに自動的に再接続します)。この手動によるサインインプロセスは、ネットワーク名 (Service Set Identifier、つまり SSID) が共通、またはあいまいとされる場合に iOS デバイスでアクセスポイントのハードウェアアドレス (Basic Service Set Identifier、つまり BSSID) を保存するために必要です。

仮にワイヤレスネットワークに共通名 (SSID) を指定すると、iOS デバイスを使用しているネットワークユーザが、ネットワークに接続していない場合、同じ名前の異なるネットワークに接続する危険があります。予期しないネットワークに接続すると、データ盗難の危険にさらされることになります。

このセキュリティ上の問題のため、Apple では共通、またはあいまいな SSID のリストを作成しています。このリストには、多数の商用アクセスポイントのデフォルトの SSID のほか、「wireless」および「default」という SSID が含まれています。お使いのネットワークの名前がこのリストにある場合、ネットワークに接続する iOS デバイスはアクセスポイントの BSSID を保存してネットワークの SSID に関連付けます。それ以降、アクセスポイントの BSSID がデバイスに保存されている情報と一致する場合のみ、そのネットワークに自動的に接続するようになります。これにより、同じ名前の異なるネットワークに接続することが避けられます。

ネットワークに一意の名前を指定すればこのセキュリティ対策が避けられるため、iOS デバイスは期待通りにネットワークに自動的に接続するようになります。

構成プロファイル

構成プロファイルを使って iOS デバイスと接続するネットワークを構成している場合、プロファイルには BSSID ではなく、SSID のみが含まれている点に注意してください。このため、リストにあるネットワークに接続するように iOS デバイスを構成している場合でも、保存されている BSSID がないと自動的に接続しません。はじめてのアクセスポイントに手動で接続した iOS デバイスは、2 回目以降は自動的に接続するようになります。

公開日: