セキュリティと Apple ID

この記事ではセキュリティと Apple ID についてご説明します。

Apple ID は、App Store、Apple Music、iCloud、iMessage、FaceTime などの Apple サービスへのアクセスにお使いいただくアカウントです。このアカウントには、サインインにお使いいただくメールアドレスとパスワードのほかに、連絡先やお支払い情報、Apple のサービス全般でご利用いただくセキュリティ情報などが記録されています。Apple はお客様のプライバシーを非常に重視しており、Apple ID を保護するために業界標準の方法を採用しています。

ここでは、アカウントの安全性を最大限に高めるための注意点をいくつかご案内します。 

Apple ID には強力なパスワードを使う

Apple では強力な Apple ID パスワードをお使いいただくことをお客様に求めています。パスワードは 8 文字以上にし、大文字の英字と小文字の英字を両方とも使い、数字も少なくとも 1 個入れる必要があります。パスワードにできるだけ多くの文字や英字句読点 (ピリオドなど) を追加してパスワードをより強力にすることもできます。Apple では、パスワードが推測しにくいものになるように、パスワードに関してほかにもルールを設けています。

ご自分のパスワードの強度に自信がない場合は、できるだけ早く Apple ID のアカウントページパスワードをリセットしてください。

セキュリティ質問の答えを推測しにくいものにする

Apple では、オンラインで本人確認をしたり Apple サポートに連絡したりする際に使う第 2 の方法としてセキュリティ質問を採用しています。セキュリティ質問は、本人にとっては覚えやすく、他人にとっては推測しにくい類いの質問です。これをその他の本人確認方法と組み合わせることにより、アカウントにアクセスしようとしているのが本人であるという確認に役立ちます。セキュリティ質問をまだ設定していない方は、Apple ID のアカウントページ設定してください。

2 ファクタ認証でアカウントを保護する

Apple では、2 ファクタ認証というセキュリティ強化のしくみを用意しています。Apple に保管いただくすべての写真、書類、その他の重要なデータにお客様ご本人だけが、ご本人のデバイスに限りアクセスできるようにする認証方式です。新しいデバイスではじめて Apple ID とパスワードを入力する際に、6 桁の確認コードを入力してご本人様確認をしていただきます。このコードは、お使いのほかのデバイスに自動的に表示されるか、信頼いただいている電話番号に送信されます。新しいデバイスでそのコードを入力してサインインし、アカウントにアクセスすることができます。パスワードまたは確認コードは、ほかの人には絶対に教えないでください。

2 ファクタ認証は、iOS 9 および OS X El Capitan に組み込まれています。現在、アカウントとシステムに関して特定の条件を満たしている方にご利用いただけます。

2 ステップ確認でアカウントを保護する

Apple では、Apple ID を守るオプションのセキュリティ強化策として、2 ステップ確認というしくみも採用しています。2 ステップ確認では、Apple ID のアカウントページでアカウント情報に変更を加える前、iCloud にサインインする前、または新しいデバイスで iTunes Store、App Store、iBooks Store から何か購入する前に、お使いのいずれかのデバイスを使って本人確認を済ませる必要があります。

パスワード、復旧キー、または確認コードは、ほかの人には絶対に教えないでください。 

暗号化と SSL について確認する

お客様が Apple ID を表示/変更できるすべての Web ページには、プライバシーを保護するために SSL (Secure Sockets Layer) が使われています。Safari では、Apple ID のアカウントページでアカウント情報にアクセスするときに、ブラウザのアドレス欄に 鍵のアイコン が表示されているはずです。これは、現在のセッションが完全に暗号化されていて安全であるということを示しています。

従業員のプライバシーとセキュリティポリシー

Apple では、アカウントへの不正アクセスを防ぐため、強力なパスワード、暗号化、その他の技術に加え、厳格な社内ポリシーや手順を運用しています。セキュリティ質問やその他の厳しい基準によって本人確認がなされない限り、Apple サポートは、パスワードのリセットなど、お客様のアカウントに関する操作を一切お手伝いできないことになっています。これらのポリシーは定期的に監査され再吟味されています。

アカウントを安全に守るためのその他の注意点

オンラインの安全性を高めるためには、インターネットサービスを使用する企業が採用しているさまざまなセキュリティ対策を組み合わせると同時に、ユーザ一人一人がインターネットの危険性や安全策をよく理解した上でオンラインサービスを利用することが大切です。以下、Apple ID やその他のオンラインアカウントの安全性を高めるための注意点をいくつかご紹介します。

  • 常に強力なパスワードを使います。
  • Apple ID のパスワードと同じパスワードをほかのオンラインアカウントに対して使わないようにします。
  • パスワードを定期的に変更し、古いパスワードを再使用しないようにします。
  • 他人に推測されにくいセキュリティ質問とその答えを選びます。安全性をより一層高めるため、セキュリティ質問の答えは、自分で記憶できるのであれば無意味なものであってもかまいません。たとえば「好きな色は?」という質問に対して「モーツァルト」という答えを設定してもかまいません。
  • Apple ID に 2 ファクタ認証を設定して、アカウントのセキュリティを二重に強化します。この場合、セキュリティ質問の設定は不要です。
  • 「フィッシング」メールに引っかからないよう注意します。怪しいと思われるメールやテキストメッセージにあるリンクはクリックしないようにします。また、正当性に確信が持てない Web サイトでは個人情報を入力しないようにします。フィッシングメールの見分け方については、こちらの記事を参照してください。
  • パスワード、セキュリティ質問、確認コード、復旧キー、またはアカウントに関するその他のセキュリティ情報を他人には絶対に教えないようにします。Apple がこの類の情報をおたずねすることはありません。
  • Apple ID を他人と (たとえ家族であっても) 共有しないようにします。
  • 共有コンピュータを使うときは、他人が自分のアカウントにアクセスできないよう、セッションが終わったら必ずサインアウトします。
  • Apple ID に関連付けられているメールアドレスを使わなくなったときは、できるだけ早く Apple ID をアップデートして、現在使っているメールアドレスに変更します。

Apple サポートでお客様のご本人様確認が必要になった場合は、サポート認証コードの作成をお願いすることがあります。この情報は、Apple サポートにお問い合わせいただいた後で、お電話でのみお伺いします。

関連情報

アカウント情報のセキュリティが損なわれていると思われる場合は、こちらの記事を参照してください。さらにサポートが必要な場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

FaceTime は一部の国では利用できません。

最終更新日: