Mac OS X v10.5.8 アップデートについて

Mac OS X v10.5 をお使いの場合は、Mac OS X v10.5.8 アップデートを適用することをお勧めします。このアップデートには、Mac の安定性、互換性、セキュリティを強化するオペレーティングシステム全般の修正が含まれています。

インストールする前にシステムをバックアップする必要がありますが、それには Time Machine を使うことができます。

システムのアップデートを開始したら、途中でインストールを中断しないようにしてください。システムソフトウェアに変更を加えるような他社製のソフトウェアがインストールされている場合や、何らかの方法でオペレーティングシステムを変更した場合は、予期しない結果になることがあります。

Mac OS X 10.5.8 にアップデートするには、ソフトウェア・アップデートと単体インストーラの 2 通りの方法があります。

ソフトウェア・アップデート

Apple メニューの「ソフトウェア・アップデート」を選択すると、インターネット経由でこのアップデートを含む最新の Apple ソフトウェアを自動的に確認します。コンピュータが最新の状態でない場合は、コンピュータに使用可能なほかのソフトウェアアップデートが表示されることがあるので、インストールしてください。ソフトウェア・アップデートからアップデートをインストールする際、アップデートのサイズはコンピュータによって異なる場合があります。また、アップデートによっては、ほかのアップデートを先にインストールする必要があります。したがって、目的のアップデートをすべてインストールするまでに、ソフトウェア・アップデートを数回実行することになります。

単体インストーラ

アップデートインストーラをダウンロードし、手動で実行します。これは、アップデートを一度だけダウンロードして複数のコンピュータをアップデートする場合に便利です。これらの単体インストーラは「サポートダウンロード」ページからダウンロードできます。

関連情報

このアップデートの新機能

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。

  • Safari のバージョンが 4.0.2 にアップグレードされます。
  • Safari 4 の Full History Search の精度が改善されました。
  • システム環境設定の「ディスプレイ」パネルに特定の解像度が表示されないことがあるという問題が解決されました。
  • Aperture の画像を Automator にドラッグしたときに Aperture のアクションが呼び出されるようになり、誤って iPhoto のアクションが呼び出されることはなくなりました。
  • デジタルカメラから大きな写真やムービーファイルを取り込めないという問題が解決されました。
  • 外部デバイス、USB Web カメラ、プリンタ利用時の Bluetooth の信頼性が全体的に向上しました。
  • 起動に時間がかかる原因となっていた問題を解決しました。
  • iCal の信頼性が向上しました。
  • iDisk のデータの信頼性の問題が解決されました。
  • AFP の信頼性が全体的に向上しました。
  • 管理対象のクライアントの信頼性が全体的に向上しました。
  • AirMac ネットワークへの参加の互換性と信頼性が向上しました。
  • 同期サービスの信頼性が向上しました。
  • 一部の他社製カメラの RAW イメージサポートが追加されました。
  • 数種類の外付け USB ハードドライブとの互換性が改善されました。
  • セキュリティに関する最新の修正が含まれています。
  • DictionaryTrainer および Japanese Language Analysis の問題を解決します。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

最終更新日: