iPhoto '08, iPhoto '09, Aperture:プリントサービスのイメージに解像度が低いことを示す警告マークが表示された場合の対処法

iPhoto '08、iPhoto '09、Aperture のプリントサービスのイメージに解像度が低いことを示す警告マークが表示された場合の対処法を説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

ブックをデザインしたりプリントを注文するときに、解像度の低い写真やイメージがブックに含まれていると、その写真やイメージに感嘆符 (「!」) が付いた黄色の警告マークが表示されます。この警告マークは、そのイメージに対して行われた編集によってピクセル密度が低下したため、良好なプリント結果が得られない可能性があることも示しています。

警告マークは以下のように表示されます。

デジタル写真は、ピクセルと呼ばれる多数の色の点からできています。写真の「解像度」とは、写真に含まれる 1 インチあたりのドット数 (dpi) のことです。写真の解像度が低すぎると、プリントしたときに輪郭がギザギザになったり、ぼやけて見える場合があります。この問題は、多くの場合トリミングが原因で発生します。トリミングによって写真のサイズを小さくしすぎると、ピクセル数が減少して良好なプリント結果が得られない場合があります。

写真のプリント品質を上げるには

  • より小さなプリントサイズを選びます。このためには、ブック内の 1 ページに配置する写真の枚数を増やします。
  • 以前に写真をトリミングしている場合は、いったん写真をオリジナルの状態に戻し、トリミングして取り除く部分を小さくしたり、オリジナルの写真をそのまま使用するようにします。
  • ブックのフレームに写真を拡大して配置した場合は、写真を縮小します。

 

公開日: