「Made for iPhone」補聴器を接続できない場合

お使いの iPhone、iPad、または iPod touch に「Made for iPhone」補聴器を接続できない場合があります。そのような場合は、下記の手順をお試しください。

まず、最新バージョンの iOS を使っていることを確認します。

上記の確認をしてもまだ「Made for iPhone」補聴器が接続できない場合は、下記の手順を実行します。

  1. 「スリープ/スリープ解除」ボタンを押してディスプレイをスリープさせます。
  2. 5 秒ほど待ってから、ホームボタンを押して、ディスプレイのスリープを解除します。
    デバイスのロックを解除する必要はありません。
  3. コントロールセンターを開き、お使いの補聴器が接続されているかどうか確認します。お使いの補聴器名が AirDrop の隣に表示されます。
     コントロールセンター
  4. 依然として補聴器が接続されない場合は、「設定」>「Bluetooth」の順にタップして数秒間待ちます。
  5. 再度コントロールセンターをチェックして、補聴器が接続されているかどうか確認します。 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: