iMac にメモリを取り付ける

メモリの仕様について説明し、iMac コンピュータにメモリを取り付ける方法も紹介します。

iMac モデルを選択する

お使いの iMac のモデルがわからない場合は、こちらの記事を参考にモデルを確認してから、以下のリストからそのモデルを選択してください。

* iMac (21.5-inch, Late 2012)、iMac (21.5-inch, Late 2013)、iMac (21.5-inch, Mid 2014)、iMac (21.5-inch, 2017)、iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2017) のメモリは、お客様ご自身で取り外すことはできません。これらのコンピュータのメモリを交換する必要がある場合は、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにお問い合わせください。該当するモデルのメモリのアップグレードをご希望の場合は、Apple 正規サービスプロバイダにご相談ください。

iMac (21.5-inch, Late 2015)、iMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015) のメモリはアップグレードできません。

iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017)

iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017) について、メモリの仕様と取り付け方法を紹介します。

メモリの仕様

この iMac モデルは、コンピュータの下部付近に SDRAM (Synchronous Dynamic Random-Access Memory) スロットを搭載しています。メモリの仕様は以下の通りです。

メモリスロットの個数 4
ベースメモリ 8 GB (2 x 4 GB DIMM)
最大メモリ 64 GB (4 x 16 GB DIMM)

以下のすべての条件を満たす SO-DIMM (Small Outline Dual Inline Memory Module) メモリを取り付けられます。

  • PC4-2400
  • バッファなし
  • パリティなし
  • 260 ピン
  • 2400 MHz DDR4 SDRAM

iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)

iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015) について、メモリの仕様と取り付け方法を紹介します。

メモリの仕様

この iMac モデルは、コンピュータの下部付近に SDRAM (Synchronous Dynamic Random-Access Memory) スロットを搭載しています。メモリの仕様は以下の通りです。

メモリスロットの個数 4
ベースメモリ 8 GB
最大メモリ 32 GB

以下のすべての条件を満たす SO-DIMM (Small Outline Dual Inline Memory Module) メモリを取り付けられます。

  • PC3-14900
  • バッファなし
  • パリティなし
  • 204 ピン
  • 1867 MHz DDR3 SDRAM

27 インチの該当モデル

以下の iMac モデルについて、メモリの仕様と取り付け方法を紹介します。

  • iMac (Retina 5K, 27-inch, Mid 2015)
  • iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014)
  • iMac (27-inch, Late 2013)
  • iMac (27-inch, Late 2012)

メモリの仕様

これらの iMac モデルは、コンピュータの下部付近に SDRAM (Synchronous Dynamic Random-Access Memory) スロットを搭載しています。メモリの仕様は以下の通りです。

メモリスロットの個数 4
ベースメモリ 8 GB
最大メモリ 32 GB

以下のすべての条件を満たす SO-DIMM (Small Outline Dual Inline Memory Module) メモリを取り付けられます。

  • PC3-12800
  • バッファなし
  • パリティなし
  • 204 ピン
  • 1600 MHz DDR3 SDRAM

メモリの取り付け

iMac の内部コンポーネントが熱を帯びていることがあります。iMac をしばらく使っていた場合は、システム終了してから 10 分ほど、内部コンポーネントの温度が下がるまで待ってください。

iMac をシステム終了してから本体が冷えるまで待ったら、以下の手順を実行してください。

  1. コンピュータに接続されている電源コード、およびその他のケーブルをすべて取り外します。
  2. ディスプレイに傷をつけないよう、柔らかい清潔なタオル (または布) を机などの平面に敷きます。
  3. コンピュータの両側をしっかり持ち、画面が下向きになるようにゆっくりとコンピュータをタオルまたは布の上に寝かせます。
  4. AC 電源ポートのすぐ上にあるグレイの小さなボタンを押して、メモリコンパートメントドアを開けます。

  5. ボタンを押し込むと、メモリコンパートメントドアが開きます。コンパートメントドアは取り外して脇に置いておきます。

    ドアの裏側に、メモリケージのレバーと DIMM の方向が図示されています。
  6. メモリケージの左右にある 2 つのレバーを探します。メモリケージのレバーを 2 つとも外側に押すと、メモリケージが外れます。

  7. メモリケージを開放した後、メモリケージレバーを手前に引くと各 DIMM スロットにアクセスできるようになります。
  8. DIMM をまっすぐ上に引っ張って取り外します。

    DIMM の下端部の切り欠きの位置に注意してください。DIMM を取り付け直す際、切り欠きの向きが正しくないと、DIMM をしっかりと差し込めません。
  9. DIMM を交換または取り付けるときは、DIMM をスロットに差し込み、カチッと音がするまでしっかり押し込みます。下図の DIMM スロットは、iMac (27-inch, Late 2013) および iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014、Mid 2015、Late 2015、2017) のものです。下端部の切り欠きが右寄りになる向きで DIMM を挿入する必要があります。

    iMac (27-inch, Late 2012) の場合は、切り欠きは下端部の左寄りになります。
  10. すべての DIMM を取り付け終わったら、メモリケージレバーを、手ごたえがあるまで元の位置に押し込みます。
  11. メモリコンパートメントドアを元に戻します。コンパートメントドアを取り付ける際には、ボタンを押し込む必要はありません。
  12. コンピュータを正しい向きで置きます。電源コードやその他のケーブル類をすべて接続して、コンピュータを起動してください。

27 インチおよび 21.5 インチの該当モデル

以下の iMac モデルについて、メモリの仕様と取り付け方法を紹介します。

  • iMac (27-inch, Mid 2011)
  • iMac (21.5-inch, Mid 2011)
  • iMac (27-inch, Mid 2010)
  • iMac (21.5-inch, Mid 2010)
  • iMac (27-inch, Late 2009)
  • iMac (21.5-inch, Late 2009)

メモリの仕様

メモリスロットの個数 4
ベースメモリ 4 GB (ただし、注文仕様生産)
最大メモリ 16 GB
iMac (Late 2009) の場合、各スロットには、2 GB または 4 GB の RAM SO-DIMM (1066 MHz DDR3 SDRAM) を装着できます。iMac (Mid 2010) および iMac (Mid 2011) の場合、各スロットに 2 GB または 4 GB の RAM SO-DIMM (1333 MHz DDR3 SDRAM) を装着できます。

以下のすべての条件を満たす SO-DIMM (Small Outline Dual Inline Memory Module) メモリを取り付けられます。

iMac (Mid 2011) iMac (Mid 2010) iMac (Late 2009)
PC3-10600 PC3-10600 PC3-8500
バッファなし バッファなし バッファなし
パリティなし パリティなし パリティなし
204 ピン 204 ピン 204 ピン
1333 MHz DDR3 SDRAM 1333 MHz DDR3 SDRAM 1066 MHz DDR3 SDRAM

i5 および i7 Quad Core iMac は、2 基の上部メモリスロットにメモリが取り付けられた状態で出荷されています。該当するコンピュータは、下部スロットのいずれかに DIMM を 1 個だけ取り付けた状態では起動しません。上部スロットのいずれかに DIMM を 1 個取り付けた場合は正常に作動します。

Core Duo 搭載の iMac は、1 個の DIMM を上部スロットまたは下部スロットのいずれかに取り付けた場合に正常に作動します (スロットの「上部」「下部」とは、下図でのスロットの方向を指しています。「上部」スロットは、ディスプレイに最も近いスロット、「下部」スロットはスタンドに最も近いスロットです)。

メモリの取り付け

iMac の内部コンポーネントが熱を帯びていることがあります。iMac をしばらく使っていた場合は、システム終了してから 10 分ほど、内部コンポーネントの温度が下がるまで待ってください。

iMac をシステム終了してから本体が冷えるまで待ったら、以下の手順を実行してください。

  1. コンピュータに接続されている電源コード、およびその他のケーブルをすべて取り外します。
  2. ディスプレイに傷をつけないよう、柔らかい清潔なタオル (または布) を机などの平面に敷きます。
  3. コンピュータの両側をしっかり持ち、画面が下向きになるようにゆっくりとコンピュータをタオルまたは布の上に寝かせます。
  4. プラスのドライバを使い、本体下部にある RAM アクセスドアを取り外します。
  5. アクセスドアを取り外して脇に置きます。
  6. メモリコンパートメント内からタブを引き出します。メモリモジュールを交換する場合は、タブをそっと引いて、取り付けられているモジュールを取り出します。
  7. 新品または交換品の SO-DIMM を空きスロットに挿入します。このとき、SO-DIMM の切り欠きの向き (下図を参照) に注意してください。
  8. DIMM を挿入した後、スロットの中に押し込みます。メモリを正しく押し込むと、カチッという小さな音がします。
  9. メモリ DIMM の上にタブを折り曲げ、メモリアクセスドアを元に戻します。

  10. コンピュータを正しい向きで置きます。電源コードやその他のケーブル類をすべて接続して、コンピュータを起動してください。

24 インチおよび 20 インチの該当モデル

以下の iMac モデルについて、メモリの仕様と取り付け方法を紹介します。

  • iMac (24-inch, Early 2009)
  • iMac (20-inch, Early 2009)
  • iMac (24-inch, Early 2008)
  • iMac (20-inch, Early 2008)
  • iMac (24-inch Mid 2007)
  • iMac (20-inch, Mid 2007)

メモリの仕様

これらの iMac コンピュータには、本体の底部に SDRAM (Synchronous Dynamic Random-Access Memory) スロットが並列して 2 基搭載されています。

各コンピュータに搭載可能なメモリ (RAM) の最大容量は、次の通りです。

コンピュータ メモリの種類 最大メモリ
iMac (Mid 2007) DDR2 4 GB (2 x 2 GB)
iMac (Early 2008) DDR2 4 GB (2 x 2 GB)
iMac (Early 2009) DDR3 8 GB (2 x 4 GB)

iMac (Mid 2007) および iMac (Early 2008) の場合、各スロットに 1 GB または 2 GB の RAM モジュールを取り付けられます。iMac (Early 2009) の場合は、各スロットに 1 GB、2 GB、または 4 GB のモジュールを取り付けられます。

以下のすべての条件を満たす SO-DIMM (Small Outline Dual Inline Memory Module) メモリを取り付けられます。

iMac (Mid 2007) iMac (Early 2008) iMac (Early 2009)
PC2-5300 PC2-6400 PC3-8500
バッファなし バッファなし バッファなし
パリティなし パリティなし パリティなし
200 ピン 200 ピン 204 ピン
667 MHz DDR2 SDRAM 800 MHz DDR2 SDRAM 1066 MHz DDR3 SDRAM

以下の仕様の DIMM には対応していません。

  • レジスタまたはバッファ付き
  • PLL
  • ECC (Error-correcting code)
  • パリティ付き
  • EDO (Extended data out) RAM

メモリの取り付け

iMac の内部コンポーネントが熱を帯びていることがあります。iMac をしばらく使っていた場合は、システム終了してから 10 分ほど、内部コンポーネントの温度が下がるまで待ってください。

iMac の温度が下がったら、以下の手順を実行してください。

  1. コンピュータに接続されている電源コード、およびその他のケーブルをすべて取り外します。
  2. ディスプレイに傷をつけないよう、柔らかい清潔なタオル (または布) を机などの平面に敷きます。
  3. コンピュータの両側をしっかり持ち、画面が下向きになるようにゆっくりとコンピュータをタオルまたは布の上に寝かせます。
  4. プラスのドライバを使い、本体下部にある RAM アクセスドアを取り外します。
  5. アクセスドアを取り外して脇に置きます。
  6. メモリコンパートメント内からタブを引き出します。メモリモジュールを交換する場合は、タブを伸ばして引き出し、取り付けられているモジュールを取り出します。
  7. 新品または交換品の RAM SO-DIMM を空きスロットに挿入します。このとき、SO-DIMM の切り欠きの向き (上図を参照) に注意してください。
  8. DIMM を挿入した後、スロットの中に押し込みます。メモリを正しく押し込むと、カチッという小さな音がします。
  9. メモリ DIMM の上にタブを折り曲げ、メモリアクセスドアを元に戻します。
  10. コンピュータを正しい向きで置きます。電源コードやその他のケーブル類をすべて接続して、コンピュータを起動してください。

20 インチおよび 17 インチの該当モデル

以下の iMac モデルについて、メモリの仕様と取り付け方法を紹介します。

  • iMac (20-inch Late 2006)
  • iMac (17-inch, Late 2006 CD)
  • iMac (17-inch, Late 2006)
  • iMac (17-inch, Mid 2006)
  • iMac (20-inch, Early 2006)
  • iMac (17-inch, Early 2006)

メモリの仕様

メモリスロットの個数 2
ベースメモリ 1 GB 2 個の 512 MB DIMM (各メモリスロットに 1 個ずつ) iMac (Late 2006)
512 MB 1 個の DDR2 SDRAM (上部スロット) iMac (17-inch Late 2006 CD)
512 MB 2 個の 256 MB DIMM (各メモリスロットに 1 個ずつ) iMac (Mid 2006)
512 MB 1 個の DDR2 SDRAM (上部スロット) iMac (Early 2006)
最大メモリ 4 GB 2 GB SO-DIMM (2 個のスロットにそれぞれ 1 個ずつ)* iMac (Late 2006)
2 GB 1 GB SO-DIMM (2 個のスロットにそれぞれ 1 個ずつ) iMac (17-inch Late 2006 CD)
iMac (Early 2006)
メモリカードの仕様 互換性:
- DDR SO-DIMM (Small Outline Dual Inline Memory Module) 方式
- PC2-5300
- パリティなし
- 200 ピン
- 667 MHz
- DDR3 SDRAM
互換性なし:
- レジスタまたはバッファ付き
- PLL
- ECC
- パリティ付き
- EDO RAM

性能を最大限に引き出すには、2 基のメモリスロットに同容量のメモリモジュールを取り付けてください。

* iMac (Late 2006) で使われる RAM は最大 3 GB です。

下部スロットにメモリを取り付ける

iMac の内部コンポーネントが熱を帯びていることがあります。iMac をしばらく使っていた場合は、システム終了してから 10 分ほど、内部コンポーネントの温度が下がるまで待ってください。

iMac をシステム終了してから本体が冷えるまで待ったら、以下の手順を実行してください。

  1. コンピュータに接続されている電源コード、およびその他のケーブルをすべて取り外します。
  2. ディスプレイに傷をつけないよう、柔らかい清潔なタオル (または布) を机などの平面に敷きます。
  3. コンピュータの両側をしっかり持ち、画面が下向きになるようにゆっくりとコンピュータをタオルまたは布の上に寝かせます。
  4. プラスドライバを使って、iMac の下部にある RAM アクセスドアを取り外し、脇に置いておきます。
  5. DIMM 取り出しクリップを完全に開いた位置まで移動します。
  6. RAM SO-DIMM を下部スロットに挿入します。このとき、SO-DIMM の形状に注意して挿入方向を間違えないようにしてください。
  7. DIMM は、挿入した後、親指で押し込みます。SDRAM DIMM を傷つけてしまうことがあるため、DIMM を押し込む際に DIMM 取り出しクリップは使わないでください。メモリを完全に押し込むと、カチッという小さな音がします。
  8. 取り出しクリップを閉じます。
  9. メモリアクセスドアを元に戻す:
  10. コンピュータを正しい向きで置きます。電源コードやその他のケーブル類をすべて接続して、コンピュータを起動してください。

上部スロットにメモリを取り付ける

iMac をシステム終了してから本体が冷えるまで待ったら、以下の手順を実行してください。

  1. コンピュータに接続されている電源コード、およびその他のケーブルをすべて取り外します。
  2. ディスプレイに傷をつけないよう、柔らかい清潔なタオル (または布) を机などの平面に敷きます。
  3. コンピュータの両側をしっかり持ち、画面が下向きになるようにゆっくりとコンピュータをタオルまたは布の上に寝かせます。
  4. プラスドライバを使って、iMac の下部にある RAM アクセスドアを取り外し、脇に置いておきます。
  5. メモリコンパートメントの両脇にあるレバーを手前に引いて、取り付けられているメモリモジュールを取り出します。

  6. 下図のように、iMac からメモリモジュールを取り外します。
  7. RAM SO-DIMM を上部スロットに挿入します。このとき、SO-DIMM の形状に注意して挿入方向を間違えないようにしてください。

  8. DIMM は、挿入した後、親指で押し込みます。SDRAM DIMM を傷つけてしまうことがあるため、DIMM を押し込む際に DIMM 取り出しクリップは使わないでください。メモリを完全に押し込むと、カチッという小さな音がします。
  9. 取り出しクリップを閉じます。

  10. メモリアクセスドアを元に戻す:
  11. コンピュータを正しい向きで置きます。電源コードやその他のケーブル類をすべて接続して、コンピュータを起動してください。

iMac にメモリを取り付けた後で音が鳴る場合

2017 年以前に発売されたモデルの iMac で、メモリの取り付け後や交換後の起動時に警告音が鳴ることがあります。

  • 5 秒ごとに 1 回、繰り返し鳴る場合、RAM が取り付けられていない合図です。
  • 3 回連続で鳴り、5 秒休むを繰り返す場合、RAM がデータ整合性チェックに合格しなかった合図です。

上記の音が鳴る場合は、取り付けたメモリがお使いの iMac と互換性があることを確認してください。また、メモリを差し込み直して、確実に正しく取り付けてください。それでも Mac で音が鳴り続ける場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

iMac で新しいメモリが認識されているか確認する

メモリを取り付けたら、Apple () メニュー >「この Mac について」の順に選択し、iMac で新しい RAM が認識されているかどうかを確認してください。

表示されるウインドウに、メモリの総容量として、コンピュータの出荷時に取り付けられていたメモリと新たに増設したメモリを合計した量が表示されます。iMac のメモリをすべて交換した場合は、新たに取り付けたすべての RAM の総容量が表示されます。

iMac に搭載されているメモリの容量について詳細を確認するには、「システムレポート」をクリックします。システム情報の左側で「ハードウェア」セクションの「メモリ」を選択してください。

コンピュータがメモリを認識しない場合、または正しく起動しない場合は、取り付けたメモリがお使いの iMac と互換性があることを確認してください。また、メモリを差し込み直して、確実に正しく取り付けてください。iMac のメモリに依然として問題がある場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

公開日: