ファミリー共有とお子様用の Apple ID

ファミリー共有を使えば、お子様用の Apple ID を作成できます。お子様は、この Apple ID でファミリー共有に参加し、Apple のほかのサービス (iCloud、iMessage、FaceTime、Game Center など) を利用できるようになります。

家族全員がそれぞれ自分の Apple ID を持つようにする

ファミリー共有に参加するには、家族全員が各自の Apple ID を持っている必要があります。13* 歳未満のお子様は、自分では Apple ID を作成できません。ただし、ファミリーオーガナイザー (管理者) が子どものために Apple ID を作成することができます。 

お子様がすでに Apple ID をお持ちの場合は、保護者が自分のファミリー共有グループにその Apple ID を追加して、お子様のメールアドレス、生年月日セキュリティ質問などを変更できます。お子様がまだ Apple ID を持っていない場合は、以下の手順で作成してください。 

お支払い方法を確認する

まず、Apple ID で利用できるお支払い方法を使っているか確認してください。お使いのデバイスや Apple ID のアカウントページお支払い方法を管理および変更できます。 

その上で、オンラインでの子どものプライバシーを保護する法律への準拠のため、お支払い方法の CVV (セキュリティコード) や SMS で送信された確認コードを提示し、保護者の同意確認の手続きを行ってください。この手続きに際し、お支払い方法に請求されることはありません。Apple でのお支払い情報の取り扱いについて詳しくは、こちらの記事でご確認ください。

お子様用の Apple ID を作成する

以下の手順にそって、お子様用の Apple ID を作成し、ファミリー共有のグループに追加してください。お子様がファミリー共有グループに追加されたら、任意の Apple デバイス上でお子様自身の Apple ID を使うことができます。作成者のメールアドレスがお子様のアカウントの修復用メールアドレスになります。このアドレスと最初に設定したセキュリティ質問を使えば、パスワードを忘れてしまってもリセットすることができます。お子様のアカウントのセキュリティ対策を 2 ファクタ認証で強化することもできます。 

お子様が Game Center のアカウントを持っていて Apple ID は持っていない場合、お子様用のアカウントを新たに作成する必要はありません。代わりに、お子様が使っているニックネームを検索してください。

iPhone、iPad、iPod touch

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」>「ファミリー共有」>「ファミリーメンバーを追加」>「お子様用アカウントを作成」>「次へ」の順に選択します。
  2. お子様の生年月日を入力して「次へ」をタップします。必ず正しい日付を入力してください。後から変更することはできません。
  3. 保護者プライバシー同意書に目を通し、「同意する」をタップします。
  4. お支払い方法について要求される情報を入力して、「次へ」をタップします。お支払い方法が登録されていない場合は、この時点で追加する必要があります。
  5. お子様のお名前を入力して「次へ」をタップし、お子様用の Apple ID (○○○@icloud.com) を作成して「次へ」をタップします。「作成」をタップします。
  6. 画面の指示に従ってパスワードを設定し、セキュリティ質問を選択して、お子様のアカウントを設定します。お客様とお子様の双方が記憶できるパスワードとセキュリティ質問を選んでください。
  7. 「承認と購入のリクエスト」を有効にして、お子様が iTunes Store、Apple Books、App Store で始める購入手続きをすべて承認制にします。料金はすべて保護者の負担となります。「次へ」をタップします。
  8. 利用条件を読み、同意する場合は「同意する」をタップします。

Mac

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」>「ファミリー共有」の順に選択し、「ファミリーメンバーの追加」をクリックします。macOS Mojave 以前を搭載した Mac では、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「ファミリー共有」>「iCloud」>「ファミリーを管理」の順にクリックして、追加ボタン 追加アイコン をクリックします。 
  2. 「アカウントを持っていないお子様用に Apple ID を作成」を選択して「続ける」をクリックします。
  3. お子様の生年月日を入力します。必ず正しい日付を入力してください。後から変更することはできません。
  4. お子様の Apple ID (○○○@icloud.com)、名前、パスワードを入力します。macOS Catalina を搭載した Mac では、「お子様の位置情報をファミリー内で共有する」チェックボックスを選択しておくこともできます。「次へ」をクリックします。
  5. お支払い方法について要求された情報を入力して、「同意する」をクリックします。お支払い方法が登録されていない場合は、この時点で追加する必要があります。
  6. 画面の指示に従ってパスワードを設定し、セキュリティ質問を選択して、お子様のアカウントを設定します。お客様とお子様の双方が記憶できるパスワードとセキュリティ質問を選んでください。Apple ID の作成後に確認メールが届きます。

お子様が Game Center アカウントをお持ちの場合

13* 歳未満のお子様を追加する場合で、お子様が Apple ID は持っていないが Game Center のアカウントは持っているときは、以下の手順で追加してください。

iPhone、iPad、iPod touch では、以下の手順を実行してください。

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」>「ファミリー共有」>「家族を追加」の順に選択します。
  2. お子様の Game Center ニックネームを入力します。
  3. 画面の指示に従います。 

macOS Catalina を搭載した Mac では、以下の手順を実行してください。

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」>「ファミリー共有」の順に選択します。
  2. 追加ボタン 追加アイコン をクリックして、お子様の Game Center ニックネームを入力します。
  3. 画面の指示に従います。

macOS Mojave 以前を搭載した Mac では、以下の手順を実行してください。

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「iCloud」をクリックします。
  2. 「ファミリーを管理」をクリックします。
  3. 追加ボタン 追加アイコン をクリックして、お子様の Game Center ニックネームを入力します。
  4. 画面の指示に従います。

Game Center のパスワードの入力を求めるメッセージがお子様に届きます。お子様がパスワードを入力したら、ファミリー共有グループの一員となります。

お子様と共有できるコンテンツについて

お子様も、ほかのメンバーと同じようにファミリー共有の機能を利用でき、デフォルトでは、同じ音楽、映画、テレビ番組、ブック、App にアクセスできます。購入アイテムの共有機能でシェアできるコンテンツについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。 

iOSmacOS のスクリーンタイムを使って、または Windows パソコンでは iTunes の制限機能を使って、お子様が自分のデバイスでアクセスできるコンテンツを制限することもできます。 

「承認と購入のリクエスト」でお子様の購入を管理する

13 歳未満のお子様の場合、デフォルトで「承認と購入のリクエスト」が有効になっています。*「承認と購入のリクエスト」を無効にした場合、お子様は事前に承認を求めることなく、管理者の決済手段を使ってコンテンツを購入できます。「承認と購入のリクエスト」は、以下の手順で無効にすることができます。

  • iPhone、iPad、iPod touch では、「設定」>「[ユーザ名]」>「ファミリー共有」の順に選択し、お子様の名前をタップします。
  • Mac では、Apple メニュー  >「システム環境設定」>「ファミリー共有」の順に選択し、お子様の名前の横にある「詳細」ボタンをクリックします。macOS Mojave 以前をお使いの場合は、Apple メニュー  >「システム環境設定」>「iCloud」>「ファミリーを管理」の順に選択し、お子様の名前をクリックします。

ファミリー共有グループからお子様を削除する

お子様は、13 歳になるまではファミリー共有グループにとどまる必要があります。* ただし、必要ならお子様を別のファミリー共有グループに移すことができます。

お子様のアカウントを管理する上での選択肢を確認する必要がある場合は、privacy.apple.com でお子様の Apple ID とパスワードを使ってサインインしてください。 

* 国や地域によって年齢が異なる場合があります。オーストリア、ブルガリア、キプロス、イタリア、リトアニア、スペインでは 14 歳未満。チェコ共和国、フランス、ギリシャでは 15 歳未満。クロアチア、ドイツ、ハンガリー、アイルランド、コソボ、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、シンガポール、スロバキア、スロベニアでは 16 際未満。その他すべての国では 13 歳未満。 

FaceTime は一部の国や地域では利用できません。

公開日: