Lion Server:NAT のゲートウェイ設定アシスタントの実行後にインターネットに接続できない

Lion Server v10.7.2 以前で NAT のゲートウェイ設定アシスタントを実行した後、プライベートネットワークからインターネットに接続できないことがあります。

Lion Server v10.7.3 以降にアップデートします。

関連情報

Lion Server v10.7.2 以前でゲートウェイ設定アシスタントを実行した場合は、次の手順に従います。

  1. システム環境設定で、セカンダリインターフェイスの IP アドレスを 192.168.2.1 に設定します。1 つのネットワーク 192.168.2.0/24 のみ共有できるようになります。システム環境設定では、IP アドレスが 192.168.1.1 と表示されます。
  2. 1 つのネットワーク 192.168.2.0/24 のみを残して、作成済みの DHCP サブネットをすべて削除します (存在する場合)。
  3. ネットワーク 192.168.2 が「サーバ管理」>「DHCP」>「サブネット」に存在していない場合は、以下の値を使って、192.168.2 という名前で新しいサブネットを作成します。このネットワークが存在している場合は、DHCP の設定を以下の値に編集します。
    1. サブネット名:192.168.2
    2. 開始 IP アドレス:192.168.2.2
    3. 終了 IP アドレス:192.168.2.254
    4. サブネットマスク:255.255.255.0
    5. DNS サーバ:192.168.2.1
    6. 検索ドメイン:お使いのネットワークの親ドメイン (example.com など)
    7. 検索ドメインが不明な場合は、検証用として example.com を使うことができます。
  4. DHCP サーバを再起動します。
  5. DNS サービスが開始されていない場合は、開始します。
  6. 「サーバ管理」>「DNS」>「設定」の「フォワーダ IP アドレス」に、システム環境設定>「ネットワーク」>「Ethernet 1」(またはプライマリインターフェイス) >「DNS サーバ」に表示されている IP アドレスが含まれていることを確認します。
  7. ゲートウェイ設定アシスタントで作成されたファイアウォール IP アドレスグループをすべて削除します。たとえば、192.168.1-net や 192.168.2-net です。
  8. 以下の値を使って IP アドレスグループを追加します。
    1. グループ名:192.168.2-mynet
    2. グループ内のアドレス:192.168.2.0/24
  9. 検証のため、アドレスグループ 192.168.2 のすべてのトラフィックが「サーバ管理」>「ファイアウォール」>「設定」>「サービス」で許可されていることを確認します。
  10. NAT サービスをいったん開始して、停止します。
公開日: