Logic Pro X の問題を解決する

Logic Pro X で問題を切り分け、トラブルシューティングを行い、解決する方法をご案内します。

以下の推奨手順を表示されている順序で試していき、問題を切り分け、解決に至るまで続けてください。作業を進める前に、Logic Pro X アプリケーションをバックアップしておいてください。

1. Logic Pro X が最新の状態であることを確認する

必ず最新バージョンの Logic Pro をお使いください。Apple () メニュー >「App Store」の順に選択し、ツールバーの「アップデート」をクリックします。Logic Pro X のアップデートが提供されている場合は、「アップデート」ボタンをクリックしてダウンロードし、インストールしてください。

2. デバイスまたはソフトウェアの互換性を確認する

Apple 以外の他社製の外付けのオーディオインターフェイス、MIDI インターフェイス、ストレージシステム、コントロールサーフェス、またはプラグインをお使いの場合は、最新バージョンの Logic Pro との互換性があるか確認してください。詳しいサポートについては、メーカーにお問い合わせください。アップデートが提供されている場合は、メーカーの指示に従い、デバイスまたはソフトウェアをアップデートしてください。

3. 外付けのオーディオインターフェイスを確認する

場合によっては、外付けのオーディオインターフェイスが互換性を欠いたり誤動作したりしているせいで、Logic Pro で問題が起きることがあります。外付けのオーディオインターフェイスをお使いの場合は、その代わりに、まず Mac に内蔵のオーディオをお試しください。問題が引き続き起きる場合は、オーディオ入力やオーディオ出力を使わずに Logic Pro X を開いてください。

外付けのオーディオインターフェイスをお使いでない場合は、Audio Units プラグインを無効にしてから、問題のトラブルシューティングを続けてください。

Logic Pro X で内蔵のオーディオを使う

  1. 外付けのオーディオインターフェイスを Mac から取り外します。
  2. Logic Pro X を開いて、「Logic Pro X」>「環境設定」>「オーディオ/MIDI」>「デバイス」の順に選択します。
  3. 「出力デバイス」ポップアップメニューから「内蔵出力」を選択します。
  4. 「入力デバイス」ポップアップメニューから「内蔵マイク」(または、コンピュータによっては「内蔵入力」) を選択します。
  5. 問題の起きていたプロジェクトを開いて、再生します。

プロジェクトが開き、適切に再生された場合は、オーディオインターフェイスのアップデートや修理が必要だと考えられます。詳しいサポートについては、メーカーにお問い合わせください。

オーディオ入出力を使わずに Logic Pro X を開く

  1. Logic Pro を開いてすぐに、プロジェクトが開く前に「control」キーを押し続けます。
  2. 警告メッセージの「起動しない」をクリックします。

これで Logic Pro が開いた場合、以下のことが考えられます。

  • 外付けのオーディオインターフェイスのアップデートまたは修理が必要だと考えられます。詳しいサポートについては、メーカーにお問い合わせください。
  • Audio Units プラグインが破損しているか、お使いのバージョンの Logic Pro と互換性がない可能性があります。プラグインを無効にしてみると、問題のトラブルシューティングに役立つ場合があります。

4. Audio Units プラグインを無効にする

Audio Units プラグインをお使いの場合は、プラグインを無効にしてみてください。Audio Units プラグインが破損していたり互換性を欠いたりしているせいで、Logic Pro で予期しない動作が起きる場合があります。

5. 新しいプロジェクトを作成する

新しい Logic Pro プロジェクトを作成し、テストしてください。Logic Pro プロジェクトが破損しているせいで、予期しない動作が起きることが、たまにあります。

新しいプロジェクトを作成し、テストするには、以下の手順を実行してください。

  1. Logic Pro を開いて、新しい空のプロジェクトを作成します。
  2. 新しいプロジェクトにオーディオファイルや Apple Loops を追加します。
  3. プロジェクトを再生します。新しいプロジェクトが問題なく再生される場合は、問題が起きたプロジェクトのほうが破損していた可能性があります。

6. 別のユーザアカウントを使ってみる

Mac 上の別のユーザアカウントで Logic Pro を開きます。別のユーザとしてログインしてみると、問題の挙動が特定のユーザの設定やファイルに関係しているかどうかを見極める上で参考になります。

7. Logic Pro X の環境設定をリセットする

環境設定をリセットしても、プロジェクトファイル、プリセット、パッチには影響ありません。しかし、環境設定にカスタム設定を加えていた場合、その設定内容は失われます。

環境設定をリセットする前に、「Logic Pro X」>「環境設定」の順に選択し、具体的な設定内容を書き留めておいてください。そうしておけば、環境設定をリセットした後で、カスタムの設定を元通りに適用できます。各環境設定については、Logic Pro ヘルプの「『Logic Pro』の環境設定の概要」を参照してください。

Logic Pro の環境設定をリセットするには、「Logic Pro」>「環境設定」>「キーコマンド以外のすべての環境設定をリセット」の順に選択します。

環境設定をリセットしたら、プロジェクトを開いて、当初起きていた問題を再現してみます。問題が解消した場合は、Logic Pro X の環境設定を開いて、カスタム設定を適用し直してください。

8. 環境設定を削除する

環境設定を削除する前に、これまでの具体的な設定内容を記録しておき、作成したカスタムキーコマンドを保存しておいてください。環境設定を削除すると、カスタムの環境設定やキーコマンドが削除されます。

ユーザ環境設定を削除するには、次の手順に従ってください。

  1. Logic Pro X を終了します。
  2. Finder で「移動」>「フォルダへ移動」の順に選択します。
  3. 「~/ライブラリ/Preferences」と入力して「移動」をクリックします。
  4. 「Preferences」フォルダから「com.apple.logic10.plist」ファイルを削除します。 
  5. 以前のバージョンの Logic Pro からアップグレードした場合は、「com.apple.logic.pro」ファイルも削除する必要があります。
  6. Mac を再起動します。

環境設定を削除したら、プロジェクトを開いて、当初起きていた問題を再現してみます。問題が解消した場合は、Logic Pro X の環境設定を開いて、カスタムの設定を適用し直し、カスタムのキーコマンドを読み込んでください。

9. Logic Pro X を再インストールする

問題が依然として解決しない場合は、Logic Pro X を再インストールしてください。Logic Pro に関するデータ (プロジェクトなど) を削除する必要はありません。単に Logic Pro アプリケーションを削除し、再インストールしてください。 

Logic Pro X を再インストールするには、以下の手順を実行してください。

  1. Finder で、「移動」メニューから「アプリケーション」を選択します。
  2. Logic Pro X アプリケーションを見つけ、ゴミ箱にドラッグします。
  3. Mac App Store から Logic Pro を再インストールするか、バックアップから復元します。Logic Pro をバックアップから復元する場合は、保存されている場所から「アプリケーション」フォルダにドラッグするか、Time Machine バックアップから復元してください。

関連情報

  • 設定やインストールについて詳しくは、Logic Pro X ヘルプを参照してください。
  • Logic Pro X に関するその他の記事やサポート関連情報については、Logic Pro X サポートのページを参照してください。
  • コミュニティに参加しましょう。世界各国で Logic Pro X をご利用の皆さん同士で問題の解決策やヒントを情報交換していただけます。Logic Pro X サポートコミュニティはこちらです。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: