Logic Pro が機能しない場合

Logic Pro が開かない場合、プロジェクトで再生や録音ができない場合、その他の問題がある場合の対処法をご案内します。

作業を進める前に、Logic Pro App をバックアップしておいてください。

以下の手順を順番に試してください

以下の各手順を試したら、そのつど Logic Pro をテストし、問題が解決したかどうかを確認してください。 

Mac を再起動する

Apple メニュー  から「再起動」を選択します。

Logic Pro をアップデートする

Apple メニュー  >「App Store」の順に選択し、ツールバーの「アップデート」をクリックします。Logic Pro のアップデートが提供されている場合は、「アップデート」ボタンをクリックしてダウンロードし、インストールしてください。

デバイスまたはソフトウェアの互換性を確認する

Apple 以外の他社製の外付けのオーディオインターフェイス、MIDI インターフェイス、ストレージシステム、コントロールサーフェス、またはプラグインをお使いの場合は、最新バージョンの Logic Pro との互換性があるか確認してください。詳しいサポートについては、メーカーにお問い合わせください。アップデートが提供されている場合は、メーカーの指示に従い、デバイスまたはソフトウェアをアップデートしてください。

Logic Pro で内蔵のオーディオを使う

外付けのオーディオインターフェイスをお使いの場合は、そのインターフェイスの代わりに Mac の内蔵オーディオを使ってみてください。

  1. 外付けのオーディオインターフェイスを Mac から取り外します。
  2. Logic Pro を開いて、「Logic Pro 」>「環境設定」>「オーディオ/MIDI」>「デバイス」の順に選択します。
  3. 「出力デバイス」ポップアップメニューから「内蔵出力」を選択します。
  4. 「入力デバイス」ポップアップメニューから「内蔵マイク」(または、コンピュータによっては「内蔵入力」) を選択します。
  5. 問題の起きていたプロジェクトを開いて、再生します。

プロジェクトが開き、適切に再生された場合は、オーディオインターフェイスのアップデートや修理が必要だと考えられます。詳しいサポートについては、メーカーにお問い合わせください。

外付けのオーディオインターフェイスをお使いでない場合は、他社製の Audio Units プラグインをバイパスしてみてください。

オーディオ入出力を使わずに Logic Pro を開く

  1. Logic Pro を開いてすぐに、プロジェクトが開く前に「control」キーを押し続けます。
  2. 警告メッセージの「起動しない」をクリックします。

これで Logic Pro が開いた場合は、外付けのオーディオインターフェイスのアップデートや修理が必要だと考えられます。詳しいサポートについては、メーカーにお問い合わせください。また、他社製の Audio Units プラグインが破損しているか、お使いのバージョンの Logic Pro と互換性がない可能性も考えられます。問題のトラブルシューティングとして、プラグインをバイパスしてみることができます。

他社製の Audio Units プラグインをバイパスする

Audio Units プラグインをお使いの場合は、それらのプラグインをバイパスまたは削除してみてください。

新しいプロジェクトでテストする

新しいプロジェクトを作成してテストし、プロジェクトや Logic Pro App に問題がないか確かめることができます。

  1. Logic Pro が開いている場合は、終了します。
  2. Logic Pro を開いて、新しい空のプロジェクトを作成します。
  3. 新しいプロジェクトに Apple Loops を追加します。
  4. 問題を再現してみます。たとえば、問題が起きているプロジェクトで特定の他社製プラグインを使っている場合は、そのプラグインをテストプロジェクトに追加します。問題が再発したら、そのプラグインが破損しているか、アップデートが必要だと考えられます。

新しいユーザアカウントで Logic Pro をテストする

Mac で別のユーザアカウントを作成してから、新しいユーザアカウントで問題を再現してみます。新しいユーザアカウントだと問題が起きない場合は、当初のアカウントの設定やファイルが問題の原因だと考えられます。

Logic Pro の環境設定をリセットする

環境設定をリセットしても、プロジェクトファイル、プリセット、パッチには影響ありません。しかし、環境設定にカスタム設定を加えていた場合、その設定内容は失われます。

  1. 「Logic Pro」>「環境設定」の順に選択し、Logic Pro の環境設定を変えている場合は具体的な設定内容を控えておきます。
  2. 「Logic Pro」>「環境設定」>「キーコマンド以外のすべての環境設定をリセット」の順に選択します。 

環境設定をリセットしたら、プロジェクトを開いて、当初起きていた問題を再現してみます。問題が解消した場合は、Logic Pro の環境設定を開いて、カスタムの環境設定を適用し直してください。

Logic Pro の環境設定を削除する

  1. Logic Pro で、環境設定を独自に変えている場合は具体的な設定内容を控えておき、作成したカスタムキーコマンドを保存します。 
  2. Logic Pro を終了します。
  3. Finder で「移動」>「フォルダへ移動」の順に選択します。
  4. 「~/ライブラリ/Preferences」と入力して「移動」をクリックします。
  5. 「Preferences」フォルダから「com.apple.logic10.plist」ファイルを削除します。 
  6. Logic 9 以前から Logic Pro にアップグレードした場合は、「com.apple.logic.pro」ファイルも削除します。 
  7. Mac を再起動します。

環境設定を削除したら、プロジェクトを開いて、当初起きていた問題を再現してみます。問題が解消した場合は、「Logic Pro」>「環境設定」の順に選択して、カスタムの設定を適用し直し、カスタムのキーコマンドを読み込んでください。

Logic Pro を再インストールする

Logic Pro を削除してから、再ダウンロードし、再インストールしてください。ライブラリには影響はありません。

Logic Pro をバックアップから復元する場合は、保存されている場所から「アプリケーション」フォルダにドラッグするか、Time Machine バックアップから復元できます。

それでも機能しない場合

関連情報

  • 録音中や再生中のシステムオーバーロードを回避する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • オーディオの録音中やソフトウェア音源の再生中に起きるレイテンシ (遅延) を最小限に抑える方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: