Xserve (Early 2009):電力消費と熱出力 (BTU) 情報

Xserve (Early 2009) コンピュータの電力消費と熱出力について説明します。

Xserve (Early 2009)
クアッドコアの構成:2.26GHz クアッドコア Intel Xeon 5500 シリーズプロセッサ 1基、160GB 7200-rpm SATA Apple ドライブモジュール1基、GB RAM (1GB 1066MHz DDR3 ECC DIMM x3)、ビルトイン NVIDIA GeForce GT 120 グラフィック 256MB GDDR3 SDRAM 搭載、PCI カードなし、750W 高効率電源ユニット1台
電力消費   熱出力  
待機中 CPU 最大稼働時 待機中 CPU 最大稼働時
144 W 194 W 490 BTU/h 660 BTU/h
Xserve (Early 2009)
クアッドコアの構成:2.26GHz クアッドコア Intel Xeon 5500 シリーズプロセッサ 2基、160GB 7200-rpm SATA Apple ドライブモジュール1基、3GB RAM (1GB 1066MHz DDR3 ECC DIMM x3)、ビルトイン NVIDIA GeForce GT 120 グラフィック 256MB GDDR3 SDRAM 搭載、PCI カードなし、750W 高効率電源ユニット1台
電力消費 熱出力
待機中 CPU 最大稼働時 待機中 CPU 最大稼働時
167W 294W 568 BTU/h 999 BTU/h
Xserve (Early 2009)
クアッドコアの構成:2.26GHz クアッドコア Intel Xeon 5500 シリーズプロセッサ2基、1TB 7200-rpm SATA Apple ドライブモジュール3基 、3GB RAM (1GB 1066MHz DDR3 ECC DIMM x3)、ビルトイン NVIDIA GeForce GT 120 グラフィック 256MB GDDR3 SDRAM 搭載、PCI カードなし、750W 高効率電源ユニット1台
電力消費 熱出力
待機中 CPU 最大稼働時 待機中 CPU 最大稼働時
182W 309W 619 BTU/h 1050 BTU/h
Xserve (Early 2009)
クアッドコアの構成:2.93Hz クアッドコア Intel Xeon 5500 シリーズプロセッサ 2基、160GB 7200-rpm SATA Apple ドライブモジュール 1基、18GB RAM (2GB および 1GB の 1066MHz DDR3 ECC DIMM 各6)、ビルトイン NVIDIA GeForce GT 120 グラフィック 256MB GDDR3 SDRAM 搭載、PCI カードなし、750W 高効率電源ユニット1台
電力消費 熱出力
待機中 CPU 最大稼働時 待機中 CPU 最大稼働時
173 W 334 W 589 BTU/h 1136 BTU/h

注意

  1. 電力消費データ (ワット数) は 115V/60Hz の壁の電源で計測したもので、すべての電源ユニットおよびシステムの電力ロスが含まれています。追加の補正は必要ありません。
  2. 「CPU 最大稼働時」は、演算を集中的に行わせるテストアプリケーションを実行し、プロセッサの利用率および電力消費を最大にしたときのワット数です。
  3. 上記の数値は、周囲温度が 23°C (73.4°F) のときに計測したものです。周囲温度が上がればファンの回転速度も上がるため、電力消費が増加します。35°C (95°F) の場合、電力消費の増加を加味して、数値にさらに 50 W を加算する必要があります。
  4. テストは特定のコンピュータシステムを使って実施され、Xserve のおよその能力を示しています。
  5. 上記の数値は、PCI Express カードを追加でインストールしても影響はありません。
公開日: