Lion Server:証明書の変更後にプッシュ通知を手動で再設定する

証明書の変更後にプッシュ通知を手動で再設定する方法について説明します。

プッシュ通知を使っていて、以下の条件に該当する場合:

  • 以前、Mac OS X Server v10.6 の iChat サービスで SSL を使うように構成した後で、Lion Server にアップグレードした場合
    または
  • 期限切れなどを理由に Lion Server で証明書を変更した場合

上記に該当する場合は、プッシュ通知の証明書設定を手動で変更する必要が生じることがあります。

プッシュ通知が使用する証明書の変更方法

  1. プッシュ通知を使うすべてのサービス (Mail、プッシュが有効になっている iCal サーバ、アドレスブックサーバなど) を停止します。
  2. 次のコマンドを実行して、通知サーバを停止します。
    sudo serveradmin stop notification
    
  3. 次のコマンドを実行します。
    sudo serveradmin settings notification:sslKeyFile="(パス)"
    
    (パス) には、適切な SSL 証明書のフルパスを入力します (「/etc/certificates/hostname.GUID.concat.pem」)
  4. 該当する場合、次を実行します。
    sudo serveradmin settings notification:sslCAFile="(パス)"
    
    (パス) には、ご利用の SSL 証明書ベンダーによって提供される SSL チェーンファイル/中間 CA ファイルのフルパスを入力します (「/etc/certificates/hostname.GUID.chain.pem」となる場合が多い)。
  5. プッシュ通知を使うサービスを起動して、サービスが正常に通知を使っているか確認します。
公開日: