DHCP サービスが利用できない場合に Lion 復元機能を使う

DHCP サービスが利用できない場合に Lion 復元機能を使う方法について説明します。

Lion では、Lion 復元機能 を使ってインターネット経由で OS X を再インストールできるようになりました。Lion 復元機能は インターネット接続情報の取得に DHCP を使います。ネットワークに DHCP サーバがない場合の、ネットワーク管理者の対応方法について説明します。

DHCP サービスが利用できない場合は、コマンドラインユーティリティ networksetup を使ってネットワーク設定を構成できます。

操作を開始する前に、次の情報を確認する必要があります。

  • 使っていないネットワークの有効な IP アドレス
  • 正しいサブネットマスク
  • 正しいルーター (ゲートウェイ) アドレス
  • ネットワークの DNS サーバの有効なアドレス (1 つ以上)

次の例では、使用する Mac の Ethernet ポート (en0) に、IP アドレス 192.168.1.200、サブネットマスク 255.255.255.0、ルーターアドレス 192.168.1.1、および DNS サーバ 192.168.1.1 と 192.168.1.25 を使って構成します。必要に応じて、ネットワークに適切な値と置き換えるか、別のポートを使う必要があります。

  1. インターネット復元パーティションから起動している間に、(「ユーティリティ」メニューで) ターミナルを開きます。
  2. 次のコマンドを使って、利用可能なネットワークインターフェースのリストを表示します。
    networksetup -listnetworkserviceorder
    
    下記のように出力されます。注意:アスタリスク (*) は、ネットワークサービスが無効になっていることを示しています。

    $ networksetup -listnetworkserviceorder
    (1) Ethernet
    (Hardware Port: Ethernet, Device: en0)

    (2) AirMac
    (Hardware Port: AirPort, Device: en1)

    (3) FireWire
    (Hardware Port: FireWire, Device: fw0)

    (4) Bluetooth DUN
    (Hardware Port: Bluetooth DUN, Device: Bluetooth-Modem)
  3. IP アドレス、サブネットマスク、およびルーターを設定します。次の例では、Ethernet (en0) インターフェースを使います。
    networksetup -setmanual "Ethernet" 192.168.1.200 255.255.255.0 192.168.1.1
    
  4. DNS サーバを設定します。次の例では、Ethernet (en0) インターフェースを使います。
    networksetup -setdnsservers "Ethernet" 192.168.1.1 192.168.1.25
    
  5. 次のコマンドを実行して設定を確認します (必要であればポートを変更してください)。
    networksetup -getinfo "Ethernet" networksetup -getdnsservers "Ethernet"
    
  6. ターミナルを終了して、Lion 復元機能を続行します。
公開日: