OS X Server:slapd fullsync モードを無効にして Open Directory の読み込み時間を短縮する

Open Directory にサイズの大きいデータセットを読み込むと、パフォーマンスが低下することがあります。slapd fullsync モードを無効にすることで、読み込み時間を短縮できます。

読み込みの際に slapd fullsync モードを無効にするには、下記の手順を実行します。

  1. ターミナルで、下記のコマンドを実行して slapd fullsync モードを無効にします。
    slapconfig -setfullsyncmode no
  2. ワークグループマネージャまたは dsimport ツールを使って、レコードを Open Directory に読み込みます。
  3. ターミナルで、下記のコマンドを実行して fullsync モードを再度有効にします。
    slapconfig -setfullsyncmode yes

注意:データの初回読み込みの後、fullsync モードを必ず有効に戻してください。

公開日: