ログインウインドウプロファイルと FileVault 2 の使用時に発行される Kerberos チケットが無効な場合

FileVault 2 を有効にし、802.1x ログインウインドウプロファイルをインストールしている場合、ログイン時に期限切れの Kerberos チケットが発行されます。有効なチケットを入手する方法をご案内します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

ログインウインドウプロファイルと FileVault 2 が必要な場合は、以下の方法で有効な Kerberos チケットを取得できます。

自動ログインを無効にする

OS X Mavericks 以降では、FileVault の使用時に自動ログインを無効にすることができます。そうすれば、ログインウインドウでログインする際に、Kerberos チケットを取得できます。

kinit コマンドを使う

kinit コマンドを使って、新しいチケットをリクエストできます。ターミナルで以下のコマンドを実行し、パスワードの入力を求められたら入力します。

kinit

チケットビューア App を使う

以下の手順にそって、チケットビューア App を使ってチケットをリクエストできます。

  1. 「/システム/ライブラリ/CoreServices/チケットビューア」にあるチケットビューアを開きます。
  2. 「ID を追加」ボタンをクリックします。
  3. ID (testuser@example.com など) とパスワードを入力します。
  4. 「続ける」をクリックします。
公開日: