Aperture 3.5:SmugMug ギャラリーのパスワードを消去しても、パスワードが表示される

SmugMug では、作成したギャラリーへのアクセスを制限するためにパスワードを設定できます。ギャラリーのパスワードは、Aperture で変更または消去することができます。場合によっては、Aperture でパスワードを消去した後も、ギャラリーにパスワードが設定されていると表示されることがあります。
この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

この現象は、SmugMug のサイトでギャラリーがパスワード保護されたフォルダ内に整理されている場合に発生します。ギャラリーに特定のパスワードを設定していない場合、またはギャラリーに設定していたパスワードを消去した場合でも、ギャラリーでは、そのギャラリーが含まれるフォルダのパスワードが引き継がれます。

Aperture では SmugMug のフォルダが表示されず、個々のギャラリーのみが表示されます。そのため、Aperture では、該当するギャラリーがフォルダ内にあることが一見しただけではわからない場合があります。だれでもギャラリーにアクセスできるようにするには、SmugMug サイトにアクセスし、該当するギャラリーを含むフォルダのパスワードを削除するか、該当するギャラリーを保護されていないフォルダまたはホームページに移動してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: