Logic Pro X:プロジェクトにムービーを追加するときにパフォーマンスが低下する

Logic プロジェクトにムービーを追加するときに、コンピュータの動作が遅くなり、通常よりもファンの回転速度が上がることがあります。アクティビティモニタには、「QTKitServer」が大量の CPU リソースを使用していることが示されます。

Logic プロジェクトにムービーを読み込むと、QTKitServer システムプロセスによって該当フォルダがスキャンされ、QuickTime Player X がサポートしていないムービーファイルがないか調べられます。サポートされていないムービーファイルがあった場合は、Finder のプレビュー用サムネイルを作成するため、QuickTime Player 7 に受け渡します。通常、この作業にかかる時間はわずかですが、Quicktime Player X と互換性のないムービーファイルが不完全であるか、または使用できない状態である場合は、QTKitServer プロセスが反応しなくなります。

この問題を解決するには、Quicktime Player X と互換性のないムービーファイルを、Logic で使用するムービーが収録されているフォルダから移動して、コンピュータを再起動してください。

公開日: