Aperture:カメラから読み込んだ RAW 画像と JPEG 画像が違って見えることがある

カメラにある同じ写真の RAW 画像と JPEG 画像を両方読み込んだとき、見え方が異なっていることがあります。

ほとんどの場合、これは正常な現象です。JPEG 画像は画像圧縮フォーマットなので、同じ写真の RAW 画像と比べると、細部に違いが出る場合があります。また多くのカメラには、JPEG 画像のカラーバランス、彩度、シャープネスなどの特性を同じ写真の RAW 画像とは変えて処理する機能があります。カメラが行う処理の程度によって、違いが微妙だったり激しかったりします。

RAW 画像は、カメラのセンサーがとらえたのとまったく同じ画像であり、コンピュータ上で調整する場合にもっとも高い柔軟性があります。ほとんどの場合、Aperture の機能を使用して、カメラで処理された JPEG 画像の見た目を RAW 写真と同じように調整することができます。この機能のおかげで、オリジナル画像を完全に変更してしまうことがありません。また、加えた調整を変更したり、完全に取り除くこともできます。Aperture では、画像を読み込むときに自動的に調整を加えるために、インポートプリセットを作成することができます。読み込み時にエフェクトを適用する方法について詳しくは、こちらの記事 を参照してください。

JPEG 画像が事前に処理されるのを避けたい場合は、お使いのカメラのマニュアルを参照して、カメラ内で行われる処理を無効にする方法を確認してください。

公開日: