Final Cut Pro X 10.0.6:「クリップ項目を分割」を実行すると、デュアルモノクリップのオーディオコンポーネントが 1 つしか作成されない

タイムラインでクリップを選択して、「クリップ」>「クリップ項目を分割」の順に選択すると、オーディオコンポーネントが 1 つしか作成されない場合があります。この問題は、クリップのチャンネル構成を「ステレオ」から「デュアルモノ」に変更した場合に発生します。
この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

クリップのチャンネル構成が「デュアルモノ」に設定されている状態で、オーディオコンポーネントを両方とも表示するには、以下の手順を実行します。

  1. タイムラインで対象のクリップを選択して、「クリップ」メニューから「クリップ項目を分割」を選択します (command + shift + G)。
  2. 表示されたクリップとオーディオコンポーネントの選択を解除します (command + shift + A)。
  3. オーディオコンポーネントのみを選択して、もう一度「クリップ」メニューから「クリップ項目を分割」を選択します。これで接続されていた個々のオーディオコンポーネントを両方とも編集できるようになりました。
公開日: