Final Cut Pro X:手ぶれ補正によって映像が反転する、または枠線にそって黒い線が表示されることがある

クリップでカメラの動きが多いとき (たとえばパンがすばやい、または不安定なとき)、クリップの手ぶれ補正によって映像の枠線にそって黒い線が表示されることがあります。映像が逆さまになることもあります。

枠線にそって黒い線が表示されたり、映像が逆さまになったりしないようにするには、以下の手ぶれ補正のベストプラクティスを実行してください。

  • 「ビデオ」インスペクタの「手ぶれ補正」セクションで適切なスムーズパラメータ (変換、回転、または調整) の値を減らします。
  • タイムラインで「ブレード」ツールを使ってクリップをカットするか、クリップをトリムして、ぶれが多いセクションやカメラの動きが多いセクションを削除します。ぶれが多いセクションは、タイムラインインデックスの「タグ」セクションで探せます。個々の「ぶれが多い」タグをクリックして、タイムラインで対応する範囲を選択します。
公開日: